ダイナースクラブ がApple Pay対応で使い勝手が抜群に向上【正式版】

ダイナースクラブ Apple Pay対応 電子マネー

2020年4月1日から、ダイナースクラブがApple Pay対応となりました。

当日の正午ごろに、ダイナースクラブアプリからのプッシュ通知がありました。あまりに嬉しくて速攻で登録しました。

これまで電子決済対応が他のクレジットカードと比較して、遅れ気味だったダイナースクラブですから、利便性が格段に向上しています。

何度もダイナースのアンケートの自由記入欄で「電子決済対応」について要望を書き続けましたが、ようやく念願のApple Payに正式対応となりました。

前回は、速報レベルで記事を上げましたが、今回は正式版として少し掘り下げてみたいと思います。

関連記事:【速報】ダイナースクラブがApple Payに対応

ダイナースクラブ は2020年4月1日からApple Payに対応

ダイナースクラブ Apple Pay対応

ダイナースクラブ カードは2020年4月1日から、待望のApple Payへ正式に対応する事になりました。

Apple PayはiPhone7以降でiPhoneやApple Watchで利用できる、スマホ決済サービスの1つです。

ダイナースクラブ カードをApple Payに登録すると、QUICPayとして登録されますので、QUICPay加盟店でスマホ1つで決済が可能になります。

またリアル店舗だけではなく、Apple Payのアプリ、ウエブでの決済にも対応しています。Apple Payの決済機能をフルに活用できます。

私を含めて数多くの会員が望んでいたと予想できますので、本当に「待望」という言葉がぴったりの機能です。

Apple Payに登録できるダイナースクラブ カード

Apple Payに登録できるダイナースクラブ カードは、付帯するカードも含めて個人用カードは全て登録可能です。

ダイナースクラブ Apple Pay

また、コンパニオンカードとして発行されるTRUST CLUBカードもApple Payに登録可能です。

ダイナースクラブ が利用できない、Apple Payも利用できないとなると、コンパニオンカード(Mastercardブランド)でもApple Payで支払えないので、クレジットカードそのものが必要となると想定できます。コンパニオンカードをApple Payに登録する必要はないと思いますが、登録できるので登録しちゃいましょう。

さらに、ビジネスアカウントカードもApple Payに登録できます。ビジネス経費の決済もApple Payを利用できるのは素晴らしいですね。

当然、家族カードを登録する事も可能です。

ただし、家族カードを登録する場合の注意点は、SMS認証は本会員の携帯電話番号に届きます

家族カードをApple Payに登録する際は、本会員が同席するタイミングで行う必要があります。

Apple Payでもポイントが貯まる

通常加盟店の還元率は、ダイナースクラブ カードは還元率1.0%です。

もちろん、Apple Payの支払いでも同率でダイナースクラブ リワードポイントを貯める事ができます。

自動販売機、コインパーキングなどクレジットカード未対応でも、Apple Pay(QUICPay)対応であれば、クレジットカードで支払っているのと同意です。

今まで以上にポイントを貯める機会が増えます。ファストフード系のお店でも、さっとスマホで決済したり、食券機でランチを食べる場合もこれからはポイントの取りこぼしがありません。

ダイナースクラブ プレミアムカードは要注意

ダイナースクラブ プレミアムカードの場合は、Apple Payを利用するとポイント還元率が1.0%となる事に注意が必要です。

これは、公式サイトのQ&Aにも記載されています。

ダイナースクラブ リワードポイントのQA

Apple Payの支払いはどのカードを使っても還元率1.0%という事です。

ダイナースクラブ プレミアカードはクレジットカードを使って決済した場合は、1.5%還元です。

ダイナースが使えないという場合はApple Payで支払いをするのがお勧めですが、クレジットカードで決済できる場合は、ダイナースクラブ プレミアムカードを使って決済することを忘れないでください。

Apple Pay利用時の注意点

先ほどのダイナースクラブ プレミアムカードの場合のポイント減と同様ですが、ダイナースクラブ カードのApple Payを使ってSuicaチャージをした場合はポイント付与の対象外となっています。

ダイナースクラブ カードのApple Payは、アプリ・ウエブの支払いにも対応しているので、 Apple PayでSuicaにチャージする事ができます。

ただし、チャージ金額に対してのポイント付与は無いので、Apple Payを使ってチャージするメリットはありません。

その他、クレジットカードの大半が電子マネーや交通系ICへのチャージのチャージへのポイント付与は対象外となっています。

ただ、特に交通系ICは利便性がとても高いので、ここはチャージ用にサブカードを持っても良いと思います。

交通系ICへチャージしてポイントを貯める方法は、別記事でご紹介していますので参考にしていただければと思います。

関連記事:審査に通りやすいエポスカードは、新生活も万全の優秀クレジットカード

関連記事:SMART ICOCAのクイックチャージで1%以上のポイント、マイル還元をGETする方法

まとめ

2020年4月1日から、待ちに待ったダイナースクラブ がApple Payへ正式に対応しました。

ダイナースクラブ カードをApple Payに登録したら、クレジットカードを持たず、iPhoneやApple Watchのタッチだけで買い物ができてしまいます。

また、ポイントカードもほぼ電子化されてスマホに入っているので、本当に財布レスで外出が可能です。

ダイナースクラブ プレミアカードはポイント付与が1.0%に目減りしてしまうデメリットがありますが、それ以外は通常のポイント付与と同じです。

Apple Pay対応でますます使い勝手が上昇したダイナースクラブ カードをガンガン使ってポイントをがっつり貯めていきましょう。

ダイナースクラブ カードの魅力については、関連記事でご紹介しています。併せてご覧ください。

関連記事:ダイナースクラブカードの魅力と特典について

タイトルとURLをコピーしました