Amazonヘビーユーザーなら、Amazonカードもありだね。

Amazonカードのメリット クレジットカード

Amazonのヘビーユーザーなら、とってもお得なAmazonカードというクレジットカードがあります。

Amazonカードは、三井住友カードがAmazonと提携して発行しているクレジットカードになります。

国際ブランドはMastercardのみとなります。

Amazon Mastercardクラシック、Amazon Mastercardゴールドの二種類です。

一般カードのクラシックは年会費実質無料でAmazonで1.5%還元(プライム会員の場合は2%)なのがメリットです。

Amazonカードのメリット、デメリット、すごくお得な使い方など、最新の状況をを見ていきたいと思います。

Amazonカードの種類と概要

Amazonカードは一般カードと、ゴールドカードの2種類

Amazonカードは、「Amazon Mastercardクラシック」と「Amazon Mastercardゴールド」の2種類になります。

Amazon Mastercardゴールドの場合、追加費用なしでAmazonプライムが利用できます。

Amazonカードの比較

Amazon Mastercardゴールドの場合、Amazonプライムの年会費が無料で利用できるようになっています。

これは、Amazonヘビーユーザーにはうれしいサービスです。

Amazon Mastercardクラシックよりもお得なので、Amazonプライムに加入する場合はAmazonカードはゴールドの方がむしろお得です。

一般カード・ゴールドカードのいずれも、ETCカードは発行手数料・年会費無料です。

ただし、年に1回以上のETCカードの利用がない場合は、翌年は500円(税抜)の年会費がかかります。

年会費の扱いについて

Amazon Mastercardクラシック

Amazonカードのスタンダードカードの年会費は、初年度は無料、2年目以降は1,375円(税込)です。

ただし、年1回以上カードを利用すれば翌年度の年会費が無料になるので実質無料と評価できます。家族カードの年会費はずっと無料です。

Amazon Mastercardゴールド

Amazonカードのゴールドカードの年会費は10,000円(税抜)です。初年度から発生します

ゴールドカードの場合も家族カードの年会費はずっと無料で利用できるようになっています。

年会費は、リボ払いの「マイ・ペイすリボ」に登録すると、半額の5,000円(税抜)となります。翌年度以降は前年度のカードショッピングが1回以上あると半額となります。リボ払いの登録には十分注意してくださいね。

Amazonカードのおすすめポイント

Amazonで高還元が受けれる

Amazonカードで決済するとAmazonポイントが貯まります。

Amazon.co.jp でのお買い物に1ポイント=1円分として使えるポイントです。

Amazonカードのスタンダードカードのポイント還元率は、Amazon.co.jpで利用すると還元率1.5%(プライム会員の場合は2%)、それ以外のMastercard加盟店では1.0%の還元となります。ちょっと複雑なイメージがします。

Amazonカードのゴールドカードのポイント還元率は、Amazon.co.jpの利用分は還元率2.5%、それ以外のMastercard加盟店(他国のAmazon含む)では1.0%です。

マーケットプレイス購入時は+0.5%の対象外です。

マーケットプレイスから購入となる場合、一手間ですが、Amazonギフト券を先に購入して、そのギフト券からアカウントにチャージしてギフト券払いで購入すると最高還元となります。

スタンダードカードでもショッピング保険が付帯する

Amazonカードはスタンダードカードでもショッピング保険が付帯しています。スタンダードカードの保険は年間100万円までです。

ノーマルカードでショッピング保険が付帯しているカードは珍しいですね。

ショッピング保険のニーズがあれば、即入会でもいいと思います。

ショッピング保険を利用する場合は、3,000円の自己負担がありますが、それ以上の損害の場合は、保険金が払われます。

ただし、支払い方法に条件があり、「国内でショッピング保険が適用される条件は、リボ払いか分割払い(3回以上)」での購入です。

海外でのカードによる購入では1回払いでも補償されます。

Amazonカードのゴールドカードのショッピング保険は、年間300万円までとなっています。自己負担は3,000円となっていて、ノーマルカードと同じ金額です。

300万円もショッピング補償があれば、かなりの部分はカバーできるという方が大多数でしょう。

Amazon Mastercardゴールドを保有していると、安心・安全でお買い物できます!

Amazonカード会員限定のセールも開催される

Amazon Mastercard会員限定の割引セールが開催されることがあります。

カード会員専用のお得なセールなので、欲しいものがあれば即決です。

Mastercardのダイニング・トラベル特典が使える

日本で発行されているMastercardブランドのクレジットカードは、Mastercardが提供している共通特典も利用可能です。もちろん、Amazonカードも利用可能です。

Amazon Mastercardゴールド専用のメリット

Amazonプライムの年会費が無料

Amazonカードのゴールドカードを保有していると、なんとAmazonプライム年会費が無料になります。

これは、Amazonヘビーユーザーに是非とも、おすすめしたいポイントです。

Amazonプライムに既に加入していて料金を支払っている場合は返金されます。

Amazon Mastercardゴールドは利用状況によ最大6,600円(税込み)の年会費割引があります。実質的な年会費は年会費4,000円(税抜)で維持できるので、Amazonプライム会員年会費4,900円(税込)が無料になると、Amazonプライム会員の年会費は無料で維持できる事になります。

Amazonプライム会員の優待は商品の配送だけではありません。Amazonのタイムセールに一般人よりも早くアクセスできます。プライム会員限定のセールもあります。

Amazonプライム会員になると、動画、音楽、クラウドストレージにアクセスできるので、とても大きなメリットだとおもいます。

Amazonカードのデメリット

ポイント有効期限が短い

Amazonポイントの有効期限は、Amazon.co.jpでの最終購入日か最終ポイント獲得日のいずれか遅いほうから1年間です。

再度Amazon.co.jpで注文するかAmazonポイントを獲得すると、そのアカウントのすべてのAmazonポイントの有効期限がその時点から1年間延長されます。

1年以内に何度も利用するとおもうので、気にしなくてもいいレベルだと思いますが、一応、有効期間は1年間とうい設定があるのは忘れずに。

ポイント交換がしづらい

Amazonポイントの使い道は、Amazonのみです。

電子マネーや、他社のポイント、航空会社のマイルへの交換はできません。

まとめ

Amazonが三井住友カードと提携して発行するクレジットカードが、2種類存在します。

Amazon Mastercardクラシック、Amazon Mastercardゴールドの2種類です。

Amazonが発行しているとうこともあり、Amazonユーザーなら必携のカードとなっています。とくに、ゴールドのAmazonプライム年会費が無料になる点は、大きなアドバンテージです。

付与されるポイントが他社に移行することができない点、有効期間が1年間と期限付きな点はデメリットだと思いますが、たまったら細かくAmazon.co.jpの支払いで使うことができるので、それほど大きな問題ではないと思います。

ぜひ、日々Amazonを使うかたは、入会・発行をしてみてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました