楽天ゴールドカードはコストパフォーマンスの高いゴールドカードだった。

楽天ゴールドカード クレジットカード

楽天ゴールドカードは格安ゴールドカードという位置づけながら、上位の楽天プレミアムカードのサービスの一部を利用できる魅力的なクレジットカードとなっています。

通常500円の年会費が必要なETCカードの年会費も無料で維持出来るため、コストパフォーマンスの高い1枚です。

今回はそんな楽天ゴールドカードについて見ていきたいと思います。

楽天ゴールドカードの概要

楽天ゴールドカードの基本スペックについて確認しましょう。

楽天ゴールドカードの概要
還元率 1.0%
(加盟店利用時は還元率1.0%、楽天トラベル利用時は還元率3.0%、楽天市場・楽天ブックス利用時は還元率5.0%に。なお、楽天トラベル、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+2~3%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイントになっている点には注意。)
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税別) 2,000円
家族カード(税別) あり(年会費500円)
ポイント付与対象の電子マネー 楽天Edy(還元率0.5%)

楽天ゴールドカードのポイントは、なんと言っても年会費の安さ。本会員は2,000円(税別)で、家族カードは1枚あたり500円(税別)です。

ETCにおいては、一般カードは税別500円の年会費が無料となっています。

楽天ゴールドカードのポイント還元

楽天ゴールドカードの基本還元率は、通常の楽天カードと同じ1.0%還元となっています。

さらに嬉しいポイントは、公共料金、携帯電話、税金、保険料などの支払いにおいても、満額のポイントが獲得出来る点です。

高還元率のクレジットカードでも、一部の支払いはポイント半減、もしくは付与の対象外となっているクレジットカードがあります。そんな中で満額のポイント付与とは嬉しい限りです。

しかも、ポイント付与は毎回の利用ごとの判定ではなく、1ヶ月間の利用額の合計に対して1.0%の付与となります。案外気づかないかもしれませんが、利用ごとに判定されるクレジットカードでは、端数はいつも切り捨てられています。

その点、楽天ゴールドカードは1ヶ月ごとの利用料金で判定されるので、1.0%未満が端数が切り捨てられるのは1回で済みます。

楽天ゴールドカードのメリット

楽天ゴールドカードは格安のゴールドカードでありながら、きっちりとゴールドカードのメリットは付いております。

SUPのポイント還元が5%以上

楽天ゴールドカードを使って、楽天市場、楽天ブックスで買い物をすると、SUP(スーパーポイントアッププログラム)を使って楽天ポイントを5倍~最大で16倍で獲得する事ができます。

しかも、エントリーなど必要なく自動的に倍率が適用されるのが嬉しいポイントです。

楽天ゴールドカードのポイント還元率は、通常の楽天カードより2%高い、楽天プレミアムカードと同じとなっている点でも、楽天ゴールドカードのお得さが分かると思います。ただし、ポイント倍率がUPする月間上限額が楽天プレミアムカードよりは低くなっています。

楽天ゴールドカードの利用料金を楽天銀行引き落としにするだけで、+1倍の還元を獲得できるのも大きなメリットです。

注意点とすれば、楽天市場の1.0%の還元、楽天カードの1.0%の還元以外は、期間限定ポイントで付与されるという点です。期間限定ポイントの有効期限は1ヶ月程度なので、気をつけましょう。

またSUPの条件も適宜入れ替わりが発生しています。今、自分がどういう倍率でポイントを獲得できるのかは、楽天市場にログインすると表示されるので適宜確認をしましょう。

楽天スーパーSALEで更に交換クレジットカードに

楽天市場では定期的に、最大でポイント10倍になる楽天スーパーSALE、お買い物マラソンというイベントを開催しています。

複数のショップの購入を条件にして、還元のポイントがアップしていきます。

楽天スーパーSALEのポイントアップと、SUPのポイントアップは重複して適用されるので、合計で驚異的な還元を受ける事が可能になります。

注意点は、楽天スーパーSALEで付与されるポイントの上限、(例えば10,000ポイントなど)が設定されているので、高額商品を購入した場合に上限に引っかかる可能性があります。

空港ラウンジが年2回無料で利用可能

楽天ゴールドカードを提示すると、国内主要空港、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国・仁川国際空港ラウンジを年2回無料で利用することができます。

本会員だけでなく、家族カードでも無料で使えます。

利用可能な空港ラウンジと時間帯は、公式サイトで紹介されています。

国内空港ラウンジ|楽天カード
国内主要空港、ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港、韓国/仁川空港のラウンジを無料でご利用いただけます。楽天ブラックカード・楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードの会員様(家族カード会員様含む)限定の特典です。

出発までの時間を、ゆったりと過ごしたり、仕事に集中したりと、好きな時間の過ごし方が出来ます。カフェでも良いと思いますが、ラウンジだと気軽に電源を確保できるのは大きなメリットです。

海外旅行傷害保険が充実している

楽天ゴールドカードは、海外旅行保険が充実しています。海外旅行時の保険って結構保険料が高くなる傾向があるので、嬉しいサービスです。

自動付帯と利用付帯の組み合わせになっているので、補償を受けたい内容をしっかり確認してください。

家族カードも本会員と同一の補償を受けることが出来ますし、本会員が旅行代金を楽天ゴールドカードでまとめて支払っている場合、同行者が別の楽天カード、もしくは家族カードを保有していれば補償対象となります。

紙の明細書が無料で発行できる

意外ですが、楽天ゴールドカードは紙明細(通常76円税別)を、無料で発行する事ができます。WEB明細だとついつい使い込んでしまって、見直すことはあまりしない方にもってこいです。紙で送られてくると、カードの使い方をじっくり見てしまいますし。

楽天ポイントカードの機能

楽天ゴールドカードには、楽天ポイントカードの機能があります。楽天市場や楽天カードの利用で貯めた楽天ポイントをリアル店舗で利用する事が出来ます。

期間限定ポイントも含めて、有効期間の短い方から消費されていきます。

マクドナルド、ファミリーマート、吉野屋、すき家、出光などのリアル店舗でも利用が可能ですので使い道に困ると言うことはないでしょう。

まとめ

楽天ゴールドカードは、通常の楽天カード以上のメリットが凝縮されたクレジットカードになります。

さらに、その年会費も2,000円(税別)と、格安でゴールドカードを保有することが可能です。

リアル加盟店では1.0%の還元に止まりますが、楽天市場や楽天ブックスなど、SUPの効果を最大限に活用できる場面では、超高還元率クレジットカードとして大活躍するでしょう。

サブカードとして楽天のサービスを利用する時用でも良いですし、十分にメインカードとして使える1枚です。

 

結局「楽天カード」はどれがお得!?4つの基本グレードから、いちばんお得なカードの選び方をご紹介します。
クレジットカードの中でも、とても人気が高くメインカードとしての実力がある「楽天カード」。この「楽天カード」には、「楽天ゴールドカード」や「楽天プレミアムカード」などのラインナップされていて、どれが一番お得なのか、なかなか判断ができない場合が...

コメント

タイトルとURLをコピーしました