三井住友VISAカードが改悪連発、銀行系カードのうま味消失

三井住友VISA改悪連発 クレジットカード
悩む女性のイメージ

三井住友カードをメインに使っている方には要注意です。

今回は三井住友カードの改悪情報です。

前回は、三井住友カードのポイント:Vポイントの移行改悪についてお知らせしました。

前回に引き続き、今回は

  • Vポイントの他社ポイントへの移行改悪
  • VJAギフトカードへの交換ポイントの改悪
  • 航空会社へのマイル交換の一部終了
  • 年会費を引き下げる、マイ・ペイすリボを複雑化
  • 年間ボーナスの廃止
  • 海外利用事務手数料のUP

についてお知らせします。

三井住友カードは銀行系のクレジットカードなので、収益改善が至上命題なのでしょう。かなりの大ナタです。

Vポイントの他社ポイント、VJAギフトカードへの移行レートの改悪

2021年4月以降の他社ポイントへの移行レートが改悪されています。

ポイント移行サービスは改悪後は20%減です。

対象サービス改悪前改悪後
GポイントVポイント500ポイント→500ポイントVポイント500ポイント→400ポイント
WAONポイント
(三井住友カードWAON)
Vポイント500ポイント→500ポイントVポイント500ポイント→400ポイント
ベルメゾン・ポイントVポイント500ポイント→500ポイントVポイント500ポイント→400ポイント
カテエネポイントVポイント500ポイント→500ポイントVポイント500ポイント→400ポイント
PeXポイントVポイント500ポイント→5,000ポイントVポイント500ポイント→4,000ポイント
RealPayVポイント500ポイント→5,000ポイントVポイント500ポイント→4,000ポイント
PiTaPaショップdeポイントVポイント500ポイント→5,000ポイントVポイント500ポイント→4,000ポイント

オンラインギフトカードへの移行に関しても20%減

対象サービス改悪前改悪後
Amazonギフト券Vポイント500ポイント→500ポイントVポイント500ポイント→400ポイント
App Stores & iTunes
ギフトカード
Vポイント500ポイント→500ポイントVポイント500ポイント→400ポイント
Google PlayギフトコードVポイント500ポイント→500ポイントVポイント500ポイント→400ポイント
自治体ポイントVポイント500ポイント→500ポイントVポイント500ポイント→400ポイント

マイレージ移行については下の表の通り

対象サービス改悪前改悪後
ANAマイル(ANAカード会員以外)Vポイント500ポイント→300マイルVポイント500ポイント→250マイル
フライングブルーマイレージVポイント500ポイント→300マイルVポイント500ポイント→250マイル
ブリティッシュ・エアウェイズ
エグゼクティブクラブ Avios
Vポイント500ポイント→300マイルVポイント500ポイント→250マイル

VJAギフトカードへの交換ポイントの改悪

ギフトカード額面改悪前改悪後
5,000円Vポイント5000ポイントVポイント5500ポイント
10,000円Vポイント10000ポイントVポイント10500ポイント
15,000円Vポイント15000ポイントVポイント15500ポイント
2,000円Vポイント20000ポイントVポイント20500ポイント

航空会社へのマイル交換の一部終了

Vポイントから一部の航空会社へのマイル交換が終了します。

終了スケジュールと、終了する航空会社は下の通りです。

終了日移行を終了する航空会社
2021年3月31日プレミアムバンダイ プレミアムポイント
アリタリア-イタリア航空 ミッレミリアマイレージ
2021年7月31日シンガポール航空 クリスフライヤー

年会費を引き下げる、マイ・ペイすリボを複雑化

三井住友VISAカードでは、マイ・ペイすリボ(自動リボ支払い設定)と年1回のクレジットカードの利用で年会費の割引を受ける事ができました。(2021年1月まで)

リボ払いは高額な手数料が発生する為、享受できるメリットより支払いが多くなるため、お薦めはしておりませんでした。

しかし、「リボ払いの1回目の支払いは手数料が発生しない」という仕組みを活用して、「クレジットカードの利用限度額=マイ・ペイすリボの毎月の支払い額」と設定すれば、支払いはマイ・ペイすリボ設定をしながら1回目の支払いで全額支払うのでリボ払い手数料を支払うこと無く、年会費の割引を受けるという使い方が出来ました。

このルートを塞がれたことになります。

2021年2月以降は、リボ払い手数料を1回以上の支払いがないと、年会費の優遇を受ける事ができません。

今後、「マイ・ペイすリボ設定+年1回以上のリボ払い手数料の支払い」が年会費優遇の条件となります。

ちょっと面倒ですが、1回だけ200円のリボ残高を残せば、1円のリボ払い手数料が発生します。

残りの月は今まで通り全額をリボ払い(1回で支払を完了して、手数料を払わない)設定にしておき、ひと月だけ、1円のリボ払い手数料を発生させて、年会費優遇の特典を受けるという運用で乗り切る事ができます。

年間ボーナスの廃止

2021年1月の支払い分から、利用額に応じたステージ「V1、V2、V3」のボーナスポイントが終了します。2021年2月以降のカードショッピングは、年間ボーナスポイントの対象外となります。

海外事務手数料の値上げ

海外でのショッピング利用で、従来1.51%だった手数料が、2.00%になっているのでこちらも要注意です。

まとめ:三井住友VISAカードが立て続けに改悪発表

三井住友VISAカードが立て続けに、改悪を実施しています。

一部は利用方法の見直しで回避できるものがあります。

また、他社のポイント交換も、1ポイント=1円で支払い金額と相殺できる仕組みが導入されたので、まあその方法で使うのが一番デメリットが少なそうです。

元々還元率0.5%の三井住友VISAカードなので、うま味がどんどん消失した感じです。

代替手段がある場合は良いのですが、マイル関連の改悪は回避の仕方がないので打撃は大きいです。

タイトルとURLをコピーしました