楽天ポイントが改悪の連続、そろそろ楽天経済圏も終焉?!

楽天ポイント改悪連発 マイル・ポイント
悲しむ女性のイメージ

いよいよ楽天ポイントによる楽天経済圏が、終焉の予兆がちらりと見えてきています。2022年4月より、楽天グループの多くで活用できた楽天ポイントの付与ルールに改悪される事が決まっています。

改悪前は「消費税を含んだ」合計金額がポイント付与の対象金額でしたが、変更後は消費税分はポイント付与対象外となってしまいます。楽天市場だけでに止まらず、楽天トラベルや楽天モバイルなど楽天グループのサービス全般的に改悪が入ります。

消費税分というと小さい額と思ってしまいがちですが、楽天グループでの消費額が多いほど影響を強く受けます。例えば1万円の買い物をした場合は、10ポイントの差が付きます。

  • 改悪前:1万1千円(税込)×1%= 110ポイント
  • 改悪後:1万円(税別)×1%=100ポイント

楽天スーパーセールやお買い物マラソンのキャンペーン時などは、×倍数で差額が広がりますから、非常にダメージは大きくなります。

唯一、楽天ふるさと納税は非課税となっているので、今回の改悪の影響は受けません。楽天ふるさと納税の還元はまだ活用することのメリットが残ります。

近年の楽天のやり方-ある程度のユーザーを囲んだら一気に改悪-にはうんざりという方も、増えているかもしれません。楽天でんき、楽天証券、楽天保険など、一度入ると切り替えるのが少々面倒なサービスが改悪対象となっている感があります。

「サービス使っているだけでポイントの還元もらえているだけありがたい」という考え方もあるかもしれませんが、還元があるからそのサービスに入っただけで、ポイント還元がなければそもそも加入してなかったという方が正しいですね。

楽天ポイントを中心にしてサービスを使えば使うほど、ポイント還元が受けられて楽天経済圏とも言われましたが、その旨味が徐々に薄れてきてしまいました。ポイントを複数のサービスで効率的に使えるという優位性は変わらずですが、高い還元率は「今だけ」というイメージがついてしまいそうです。

私自身も楽天の改悪の動きから、積極的に楽天のサービスに加入するのを控えてきました。いよいよ効率的にポイントを稼ぎたいというユーザーが離れていきそうな予感がしますね。

タイトルとURLをコピーしました