エポスカードは年会費無料(実質)+高還元がキーワード

エポスカードが最もお得になるカードはどれ? エポスカード
喜ぶ女性のイメージ

エポスカードは丸井グループのクレジットカード会社が発行するクレジットカードです。「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるクレジットカードで、この期間に入会される方が圧倒的に多いんじゃないか、と思います。

「エポスカード」はマルイのキャンペーンなどから、比較的に若い方がメインにつかているイメージが強いですが、実はなかなかのお得な特典がついていて、誰でも気軽に使えるクレジットカードです。

今回はそんなエポスカードについて、見ていきたいと思います。

エポスカードの通常還元率は、他の一般的なカードとほぼ同じ

まず肝心のエポスカードの還元率から確認していきましよう。クレジットカードの還元率について、1.0%ラインを下回っているか、上回っているのか、でチェックすると良いでしょう。

還元率が1.0%以上のクレジットカードであれば、まずは合格です。さらに、特典でさらに還元率が上乗せされる決済があるなどすれば、さらに良いですね。

では、「エポスカード」の還元率はどうでしょうか。

  • マルイで利用:200円につき2ポイント
  • VISA加盟店:200円につき1ポイント

エポスカードはマルイで買い物をすると、200円につき2ポイントが還元されます。(1回、2回、ボーナス払いで決済した場合)

1ポイントは1円の扱いなので、還元率は1.0%です。

その他、マルイ以外のVISA加盟店で利用した場合の還元率は、200円につき1ポイントの還元になります。(1回、ボーナス払いで決済した場合)

マルイで決済した場合と同じように、1ポイントは1円の扱いなので、還元率は0.5%となります。

エポスカードの特徴内容
還元率0.5%〜1.0%
マルイのクレジットカード利用で1.0%還元
VISA一般加盟店では0.5%還元
発行エポスカード
国際ブランドVISA
年会費(税込)無料
優待サービスモバイルSuica、楽天Edyがポイント付与対象
家族カードなし
エポスカードの概要

年会費無料のクレジットカードでも、通常の還元率が1.0%を超えてくるクレジットカードがある中で、一般加盟店の還元率がいまいち、という感じですね。これだけでは、ずば抜けてお得なカードというふう見えてきませんね。

実はキャッシュレスにめっぽう強いエポスカード

エポスカードには「還元率以外」のメリットが多くあります。その一つが、キャッシュレスへの対応ーチャージしてもポイントが付くーというのが大きなメリットです。特に利用者が多い「楽天Edy」と「モバイルSuica」への対応は、他のクレジットカードにはない強みです。

正直なところ、クレジットカードのコンタクトレスが始まって、プリペイド方式のキャッシュレスの利点が薄れていると感じているのですが、決済の「間にかます」ことでポイントの二重とりが出来たりと、活用方法はまだまだあります。また、モバイルSuicaは交通手段の決済としても優秀です。

キャッシュレスへのチャージはクレジットカード会社の収支が悪くなる一方で、急遽改悪情報が発行されることが多々ありますが、エポスカードの公式サイトでも「楽天Edy」へのチャージでポイントが貯まる事を大々的に謳っているのでいきなりの改悪リスクは少ないのではないかと思います。

EPOSカードのページキャプチャ
EPOSカードの公式サイトキャプチャ

エポスカードで貯まるポイントの有効期限を、無期限にして貯める方法

エポスカードを使って貯まる「エポスポイント」は、マルイの店舗や通販で利用することが出来ます。ただ利用条件が少しだけ厳しくて、500ポイント以上1ポイント単位で利用が可能になります。エポスポイントの有効期限が2年間(通常カードの場合)なので、ポイントを「どんどん貯めて一気に使う」という使い方には適していません。

マルイにこだわらない、ポイントの有効期限を伸ばしたいという場合は、「エポスVISAプリペイドカード」を発行し、エポスポイントをこのプリペイドカードのチャージに使ってしまいましょう。ーエポスVISAプリペイドカードの発行は会員サイトから申し込みが可能です。ー

「エポスVISAプリペイドカード」は「VISA」ブランドのプリペイドカードなので、VISAが使える加盟店であれば、クレジットカードと同じように利用が可能です。エポスVISAプリペイドカードへのチャージは1ポイント1円で、1ポイント単位で行えます。プリペイドカードにチャージしたお金には有効期限がないので、実質的にポイントを有効期限なしに溜め込んでいるのと同じ意味合いになります。

エポスVISAプリペイドカードのチャージとしてエポスポイントを使うと、実質的に有効期限は無期限となる。

「エポスゴールドカード」も年会費無料に出来る、最大の還元率は1.5%になる

エポスカードを利用するなら、エポスゴールドカードの取得を視野に入れると「さらにお得」な使い方ができるかも知れません。是非、ご自身のクレジットカードの使い方があっていると、最大還元1.5%まで持っていける場合もあります。

エポスゴールドカードの特徴内容
還元率0.5%〜1.0%
マルイのクレジットカード利用で1.0%還元
VISA一般加盟店では0.5%還元
発行エポスカード
国際ブランドVISA
年会費(税込)5,000円
インビーテーションで入会の場合は、永年無料。年間50万円の利用で次年度以降の年会費を永年無料
優待サービスエポスポイントの有効期限が無期限になる。
選べるポイントアップショップにより、よく使う3つの加盟店の還元率が1.5%になる。
年間利用額に応じた、ボーナスポイント。
家族カードなし
エポゴールドカードの概要

エポスゴールドカードは、通常の発行で年会費5,000円(税込)が必要です。ただし、発行条件・利用条件で年会費を永年無料にすることが出来ます。年会費を無料にする方法は、ノーマルののエポスカードで年間50万円以上を使って、インビテーションを獲得する。もしくは、ゴールドカードに申し込んで、年間50万円以上利用する、の2つの方法です。

エポスゴールドカード以上ならボーナスポイントを狙える

エポスゴールドカードには年間の利用金額に応じた「ボーナスポイント」という特典が用意されています。

eposボーナスポイント
EPOS NETのボーナスポイントについて

年間の利用額で、還元率が0.5%、1.0%と上がっていきますので、大変お得な仕組みになっています。

  • 年間50万円以上の利用:2,500円相当のボーナスポイント
  • 年間100万円以上の利用:10,000円相当のボーナスポイント

マルイ以外の通常のVISA加盟店で単純に年間100万円利用すれば、1.5%還元まで還元率が上昇します。ピッタリ100万円が最大還元率になり、それ以上使っても還元率は上昇しません。さらに使うという方は、ゴールド以上のプラチナカードを視野に入れると面白いかもしれません。

ゴールド以上に使い倒せるエポスプラチナカード 最大還元率2.5%

エポスカードの最上位クラスに、エポスカードプラチナというクレジットカードがあります。エポスゴールドカードの利用状況に応じて、インビテーション発行されて入会が可能です。また、Webからも直接の申し込みが可能です。

エポスプラチナカードの特徴内容
還元率0.5%〜1.0%
マルイのクレジットカード利用で1.0%還元
VISA一般加盟店では0.5%還元
発行エポスカード
国際ブランドVISA
年会費(税込)30,000円
インビテーション・年間利用額100万円以上の場合は20,000円
優待サービスエポスポイントの有効期限が無期限になる。
誕生日月のポイントが2倍、プライオリティパス登録無料。24時間対応のVISAプラチナコンシェルジュの利用が可能。
選べるポイントアップショップにより、よく使う3つの加盟店の還元率が1.5%になる。年間利用額に応じた、ボーナスポイント。
家族カードなし
エポスプラチナカードの概要

実質年会費を無料にできるエポスゴールドカードとは異なり、こちらの年会費は3万円(税込)、インビテーション・もしくは年額100万円以上の利用でも2万円(税込)までしか下がりません。クレジットカードの維持コストが跳ね上がりますが、その金額に見合った特典も付与されます。

ボーナスポイントが最大で10万ポイント

エポスプラチナカードを年間100万円以上利用した場合に付与される「ボーナスポイント」が、2万ポイント付与されます。ゴールドカードの2倍です。まずこの2万ポイントが付与された時点で、年会費の元が取れた計算になります。

さらに、さすがプラチナカードと言わんばかりに、200万円以上の利用で3万ポイント、最大で1500万円の利用で10万ポイントが付与されます。まあ、この金額は現実的ではないとしても、徹底的に利用額を集中させて、200万円利用の3万ポイントは狙いたいところですね。

年会費無料のエポスカード、実質無料のエポスゴールドカードとは一線を画したエポスプラチナカードで使い方次第という側面もありますが、かなりの金額を決済するという方にはおすすめです。

エポスカードは年間利用額で最適カードを発行するのがベター

年会費無料のエポスカード、実質年会費に出来るエポスゴールドカード、そして年会費3万円(条件付きで2万円)のエポスプラチナカード、それぞれの特典も充実していて、利用シーンで発行のカードを決めるのがお得にクレジットカードを使っていくコツになってそうです。

具体的なボーダーラインは年間100万円以上の決済をするか、しないか、で判断するのが良いです。カードの選択肢だと、ゴールドカードかプラチナカードかというところですね。通常のエポスカードを所有している場合は、日常の決済を集中させて50万円使ってインビテーションを獲得しましょう。年会費無料でゴールドカードの特典を使えます。

その後、ばんばん使って100万円を毎年超えそうっだという方は、プラチナのインビテーションでプラチナカードを発行して、ボーナスポイント2万円分で年会費の元を取るという運用が良さそうです。逆に100万円まで使わないという場合は、年会費無料でゴールドカードを運用しているのが最適だと思います。

タイトルとURLをコピーしました