EPOSカード プラチナカードへの招待は、年間100万円利用が濃厚説

エポスプラチナカードのインビテーション エポスカード
記事内に広告が含まれています。

エポスカードの最高ランクカードに、エポスプラチナカードがあります。過去、エポスプラチナカードはインビテーションでしか手にすることができないクレジットカードでした。現在は、自己申込可能なプラチナカードになっています。

自己申込とインビテーションを受けた場合の違いの線引きは、年会費の金額なります。自己申込の場合の年会費は3万円(税込)となり、インビテーションで入会した場合の年会費は2万円(税込)です。

自己申込でプラチナカードを発行したとしても1年間の決済金額が100万円以上となった場合は、それ以降の年会費は2万円です。

私はサブカードとして、エポスゴールドカードー年会費無料にするためにインビテーションを待って発行したーを利用していました。エポスゴールドカードを最大還元率で利用する為、エポスプラチナカードのインビテーションの金額を確認するために、ちょうど利用金額を年間100万円ぐらいに抑えてみました。

年会費の割引の仕組みからエポスプラチナカードのインビテーションを受けるラインを年間100万円利用と想定していたのですが、ちょうどそのラインでインビテーションを受けることになりました。

エポスプラチナの招待
エポスプラチナカードへの招待画面

今までVISAのプラチナカードを保有したこのがないので、VPCC(VISA プラチナコンシェルジュセンター)を利用したことが無いので、これを機に1度利用してみたい・レビューしてみたいという気持ちはあります。

エポスプラチナに切替えた場合、年間100万円利用で2万ポイント付与となり年会費をペイできます。ただ、ポイ活的にはメリットはないので、本当に悩ましい問題です。

という事で、エポスプラチナカードのインビテーションは、年間100万円を利用すれば発行されるというのは本当でした。