いよいよ改悪スタート 楽天カード(Mastercardブランド)のAmazon利用で還元率0.2%へ減少。

楽天カードの還元率改悪スタート 改悪情報
記事内に広告が含まれています。

楽天カードーMastercardブランドのみーが、Amazon.co.jpの利用で、ポイント還元率を0.2%へと改悪した。改悪開始日は2023年1月5日(木)より。すでに、改悪がスタートしている点に注意が必要。

楽天カードの還元率は1.0%なので、Amazon.co.jpの利用で1.0%のポイントが獲得できるが、Mastercardブランド「のみ」が0.2%となっている。

楽天カードーMastercardブランドーとAmazon.co.jpの組合せの利用頻度が高い場合は、急ぎ対策を講じたほうが良さそう。運用上問題なければ別のクレジットカードを使うのがベターだが、それが難しい場合、楽天カードの2枚持ちの制度を利用して、別の国際ブランドでもう1枚用意しても良いかもしれません。

恐らくであるが、インターチェンジフィー ー楽天カードが加盟店管理会社に支払う手数料ーが重く乗っているのが想像できます。Amazon公式がAmazon Mastercardなのでその辺りの兼ね合いもありそうですね。

インターチェンジフィーは公開されていないので、その辺りは想像上のお話し、ということになります。