三井住友カード2023年7月改定: スマホタッチ決済で最大7%還元!対象店舗やサービスの詳細

三井住友カード2023年7月改定: スマホタッチ決済で最大7%還元!対象店舗やサービスの詳細 クレジットカード
記事内に広告が含まれています。

三井住友カードは、2023年7月1日(土)利用分より、対象コンビニや飲食店で最大5%還元となるサービスの支払い方法や還元率を変更します。これにより、スマートフォンを活用することで最大7%還元が可能となり、より一層のポイント活動(ポイ活)が簡単になります。

これまでの三井住友カードでは、カード・スマートフォンでVisaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスを利用すると最大+4.5%(プラチナプリファードは+4%)の還元がありましたが、新たな変更により、スマートフォンのApple Pay・Google Payによるタッチ決済は+6.5%(プラチナプリファードは+6%)に引き上げられます。カードでのタッチ決済はこれまで通り+4.5%(プラチナプリファードは+4%)となります。

なお、新たな変更では、タッチ決済以外のカード差し込み取引やiD決済は+2%還元のポイントがたまらなくなります。通常決済分の200円につき1ポイント(プラチナプリファードは100円につき1ポイント)の獲得は可能となります。つまり、スマートフォンを活用したタッチ決済がより一層重要となるわけです。

新たな変更は、ユーザーがスマートフォンを活用した決済をすることで最大限にポイントを還元できるように配慮されており、これにより利用者はより一層ポイントを貯めやすくなります。また、この変更により三井住友カードはデジタル決済の普及を推進し、より便利でスピーディな決済体験を提供します。

この記事では、2023年7月1日(土)から適用される新たな変更の詳細を解説します。また、この変更に対応するためのスマートなポイント活動(ポイ活)の方法も併せてご紹介します。

新しい還元率の概要

新しい三井住友カードの還元率は次の通りです。

  1. スマートフォンのApple Pay・Google Payによるタッチ決済: +6.5%(プラチナプリファードは+6%)
  2. カードでのタッチ決済(Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレス): +4.5%(プラチナプリファードは+4%)
  3. タッチ決済以外のカード差し込み取引やiD決済: +2%還元のポイントがたまらなくなり、通常決済分の200円につき1ポイント(プラチナプリファードは100円につき1ポイント)が獲得可能

この変更は、2023年7月1日(土)から適用されます。

対象となるコンビニや飲食店

この変更は、対象となるコンビニや飲食店での決済に適用されます。対象店舗は公式サイトで確認可能で、一部ではなく全店舗が対象となる場合が多いです。

特に、大手コンビニエンスストアチェーンやカジュアルレストランなど、日常的に利用する店舗が多く含まれていますので、日常生活での小売り購入において大きなメリットがあります。

スマートフォンでのタッチ決済の活用方法

スマートフォンのApple Pay・Google Payを活用してタッチ決済を行うことで、最大+6.5%(プラチナプリファードは+6%)の還元が可能です。これは、三井住友カードをデジタルウォレットに登録し、対応した端末で決済することで適用されます。

これにより、カードを物理的に持ち歩く必要がなく、スマートフォンだけで高還元率の決済が可能となります。また、タッチ決済は速度が速く、混雑した店舗での決済もスムーズに行うことができます。

ポイント活動(ポイ活)のポイント

新たな変更により、三井住友カードを使用する際のポイント活動(ポイ活)の方法にも変化が出ます。スマートフォンのタッチ決済を活用することで、還元率が大幅にアップします。そのため、スマートフォンでの決済を日常的に行うことがポイントを効率的に貯めるポイントとなります。

また、+2%還元のポイントがたまらなくなるタッチ決済以外のカード差し込み取引やiD決済も、基本的な還元率が維持されるため、これらの決済方法を活用する場合もポイントを貯めることが可能です。

まとめ

三井住友カードは、2023年7月より還元率と対象店舗を見直し、より一層のポイント活動(ポイ活)が可能となります。特に、スマートフォンのApple Pay・Google Payを活用したタッチ決済が大幅に強化され、これまで以上にポイントを貯めやすくなります。

この機会に、自分の生活スタイルに合った決済方法を見つけ、ポイントを効率的に貯める方法を見つけることをおすすめします。これからも三井住友カードをより有効に活用し、ポイントを最大限に還元するための情報を提供していきます。