【改悪情報】ポスカードの海外旅行傷害保険の変更点とその影響

スカードの海外旅行傷害保険の変更点とその影響 エポスカード
記事内に広告が含まれています。

エポスカードの海外旅行傷害保険が変わる!

皆さん、エポスカードを持っていますか?エポスカードの海外旅行傷害保険の内容が一部改定されるというニュースが飛び込んできました。ここでは、改定の詳細とその影響について詳しく解説します。

変更前と変更後の適用条件

まず、改定前の適用条件は、2023年9月30日(土)以前に日本国内の住居を出発する場合、カード利用の有無にかかわらず海外旅行傷害保険が適用されていました。これは自動付帯型の保険と言えます。

しかし、2023年10月1日(日)以降に出発する場合は、適用条件が変更となります。新たに、旅行代金(ツアー料金や交通費などの移動に関する代金)をエポスカードで支払うことが保険適用の条件となります。これは利用付帯型の保険と呼ばれるものです。

改定の影響と今後の対策

この改定により、エポスカードを所持しているだけで海外旅行傷害保険が適用されるというわけではなくなります。これからは、海外旅行に際してエポスカードを使って旅行代金を支払うことが必要となります。

海外旅行を予定している方や、エポスカードを保有している大学生の皆さんは、この新たな適用条件をしっかりと把握し、適切なカード利用を心掛けましょう。

以上がエポスカードの海外旅行傷害保険の改定内容とその影響についての解説です。自分のライフスタイルに合わせて、最適なクレジットカード活用法を見つけていきましょう。

公式サイトのキャプチャ画像
公式サイトのキャプチャ画像

クレジットカード付帯の保険利用を検討中の方は、必ず公式サイトの条件確認をお願いします。