【注意】イオンマークのクレジット・デビットカードで貯まる「ときめきポイント」が「WAON POINT」に変更される。

WAON POINTの付与に変更 クレジットカード
悩んでいる女性のイメージ

既に会員サイトで周知されていますが、イオンマークのクレジット・デビットカード利用で貯まるポイントが2021年9月11日利用分から変更となります。

今まで「ときめきポイント」付与されていましたが、「WAON POINT」の付与に変更となります。

変更は、2021年9月11日利用分(2021年10月25日付与分)からです。

細かな制度変更もありますので詳しく見ていきたいと思います。

今回の制度変更にともなう、ユーザー側の手続きは必要ありません。

今まで貯めた「ときめきポイント」について

今まで貯めた「ときめきポイント」は、有効期限まで利用できるので安心してください。

今回の制度変更に伴い、交換「単位」が変更になります。

「ときめきポイント」を商品・各種ポイントに交換する場合、1,000ポイント以上から交換となっていました。

今回の制度変更に伴い、2021年10月25日より、1ポイント単位でWAON POINTに交換することが出来るようになります。

商品への交換は従来通りの1,000ポイント単位。

WAON POINTから商品・各種ポイントへの交換は1,000ポイント単位なので、扱いは変わらないイメージです。

とにかく「ときめきポイント」を、「WAON POINT」に移行させたいという背景がありそうです。

ポイント還元率に変更なし

ポイント制度が変更になりますが、ポイント還元率に変更はありません。

WAON POINT付与ときめきポイント付与
ポイント還元率200円(税込)につき1ポイント
(イオングループの対象店舗なら
200円(税込)につき2ポイント)
200円(税込)につき1ポイント
(イオングループの対象店舗なら
200円(税込)につき2ポイント)

一般加盟店なら0.5%還元、イオングループの対象店舗なら1.0%還元です。

イオンカードの最大のネックなのが、還元率の「低さ」です。

今回の制度改変で還元率のUPはありませんでした。

一般加盟店での利用を、200円(税込)で2ポイントにしてもらえるだけでも、かなりポイント獲得数多くなるので期待していたのですが、残念。

ポイントが貯まりやすくなる

「ときめきポイント」から「WAON POINT」に統一されることで、ユーザー側にはメリットがあります。

イオンマークのカードの利用で、「ときめきポイント」と「WAON POINT」に分断されていた、ポイントが一本化されます。

支払い方法クレジット・デビットカード
の支払い
電子マネーWAON
の支払い
現金での支払い
(要WAON POINTカード提示)
貯まるポイントときめきポイントWAON POINTWAON POINT
ポイントの付与(変更前)
支払い方法クレジット・デビットカード
の支払い
電子マネーWAON
の支払い
現金での支払い
(要WAON POINTカード提示)
貯まるポイントWAON POINTWAON POINTWAON POINT
ポイントの付与(変更後)

特に「クレジット・デビットカード」と「電子マネーWAON」の支払いで、貯まるポイントが別々でした。

どの支払い方法を選んでも、「WAON POINT」が貯まるという分かりやすい制度になりました。

ちなみに、現在の貯まっているポイントはこんな感じです。

イオンカードのポイント状況
イオンカードのポイント状況

入会キャンペーンで獲得した10,000ポイントがでかい。

WAON POINTは、WAONステーションで細かく電子マネーWAONに交換してました。

結論:イオンマークのクレジット・デビットカードで貯まる「ときめきポイント」が「WAON POINT」に変更される。

今回のポイント制度変更について、押さえておきたいのは次の3点です。

  • 貯まるポイントが統一されて、ポイントが使いやすくなる。
  • ポイント還元率は変わらない。
  • ときめきポイントが付与されない種類のカードは影響なし。

クレジット・デビットカードの利用場面で、イオングループの対象店舗を頻繁に利用するケースではものすごくメリットが出ます。

僕みたいに、イオンゴールドカードのインビテーション狙いで使っているだけだと、還元率の低さがちょっときつい。

タイトルとURLをコピーしました