nanaco利用者必見、セブンカード・プラス入会キャンペーン開催中

セブンカード・プラス入会キャンペーン クレジットカード

セブンカード・プラスでは、クレジットカードへの入会と、利用で、なんと最大で4,100ポイントを獲得できるキャンペーンが開催されています。

キャンペーンで獲得できるのは、nanacoポイントになりますが、獲得したポイントはnanacoにチャージして現金同様の利用が可能です。

セブンカード・プラスはnanacoとの相性が最高にいいので、nanaco愛用者にとっては必携のクレジットカードとなっています。

セブンカード・プラスはオンライン入会で最大で4,100円相当のポイントがもらえる

セブンカード・プラスは現在、入会と利用、さらにnanacoとの紐付け登録でnanacoポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。

合計で4,100円相当のnanacoポイントを獲得する事が出来ます。

キャンペーン開催期間は2020年3月31日までです。セブンカード・プラスカードをお持ちでない場合は、至急、入会の手続きをするべきです。

セブンカード・プラスのキャンペーンの概要

セブンカード・プラスの新規入会キャンペーンについて、ご説明させていただきます。

キャンペーン期間

2020年3月1日(日)〜3月31日(火)までです。まだ、カードをお持ちでない場合は、急ぎ入会しちゃいましょう。

nanaco会員限定ボーナスで1,000ポイントを獲得

既にnanaco会員で、手持ちのnanacoカードとセブンカード・プラスを紐付けて発行した場合、nanacoポイントで1,000ポイント獲得できます。

JCBブランドを選択すると、1,000ポイントを獲得

セブンカード・プラスは、一般デザイン(JCB、VISA)、若しくはディスニーデザイン(JCBのみ)の選択が可能です。

新規に、JCBブランドでの発行を選択すると、1,000ポイントを獲得する事が出来ます。

国際ブランドは特に拘らないという場合は、JCBを選択する事で、1,000円相当のポイント獲得できるとは、美味しいですね。

支払い口座のオンライン登録で500ポイント

セブンカード・プラスに入会時に、支払い口座をオンラインで一緒に申し込むと、それだけで500ポイント獲得です。

支払い口座の登録は、いずれ必要なのでせっかく500ポイント貰えるので、一緒に設定してしまいましょう。

支払い口座をセブン銀行に設定で、さらに500ポイント

ここまで還元されると、もう笑ちゃいますね。

先程の支払い口座の登録に、セブン銀行を登録するとそれだけで500ポイントです。

セブン銀行はWEBで簡単に口座開設可能です。せっかくなので、この際に口座開設して、500ポイント獲得しちゃいましょう。

キャッシング枠の設定で500ポイント

セブンカード・プラスの申込み時にキャッシング枠の設定を希望しましょう。入会審査でキャッシング枠が希望通り設定されると、それだけで500ポイント獲得です。

クレジットカードのキャッシング枠は金利面でも不利なので、可能な限り使わない方が良いです。しかし、このキャンペーンでは、設定するだけでポイント獲得できます。

キャッシング枠を設定して、使わないようにすればOKです。

メールマガジンの登録で100ポイント

メールマガジンの受信が面倒でなければ、是非とも設定しましょう。お得な情報を受取る事もできますし、それで100ポイント獲得です。

nanacoオートチャージ1回以上の利用で1000ポイント

セブンカード・プラス申込み時に、nanacoオートチャージを登録して、カード発行月の翌月までに、nanacoオートチャージを1回以上利用すると1,000ポイント獲得です。

ポイントが付与されるまでに、nanacoオートチャージの登録解除していると、付与対象外になりますので注意してください。

nanacoポイントは、1ポイント1円で電子マネーに交換可能

nanacoポイントは、1ポイント1円で電子マネーに交換してチャージする事が出来ます。

さらに、nanacoの電子マネーを利用すると0.5%〜1.0%でnanacoポイントを貯める事ができるので、キャンペーンとポイント還元で二重取りが出来て、お得です。

まとめ

セブンカード・プラスは新規入会で、4,100ポイント(4,100円分)をお得に獲得できるキャンーペーンを開催しています。

特に、nanaco利用者にとっては文句なしに、必須のキャンペーンとなっています。

この機会に、セブンカード・プラスに入会してみてはいかがでしょうか。

セブンカードの公式サイトはこちら

コメント

  1. […] 参考記事:nanaco利用者必見、セブンカード・プラス入会キャンペーン開催中 […]

タイトルとURLをコピーしました