【速報】ダイナースクラブがApple Payに対応

ダイナースでアップルペイが利用可能に クレジットカード

ダイナースクラブカード、ダイナースプレミアムカードは長らく、Apple Pay非対応でしたが、2020年4月1日からはApple Payで利用可能になりました。

ダイナースクラブカードは電子決済系に弱かったのですが、散々、アンケートに書いたのがようやく実を結ぶことになりました。

ANAダイナースカード、JALダイナースカード等の提携ダイナースクラブカードも、もちろん対応しています。サブカードのコンパニオンカード、ビジネス・アカウントカードももちろん登録できます。

QUICPay加盟店でのお買い物、Suicaチャージが可能で、QUICPay利用分はポイント付与の対象です。

残念ながらApple PayのSuicaチャージ利用分は、モバイルSuicaと同様に対象外ですが、これはほとんどのクレジットカードが対象外なので問題にはならないでしょう。

ダイナースクラブ カードとApple Payについて、ご紹介させて頂きます。

ダイナースクラブカードはQUICPayとして利用

ダイナースクラブカード・ダイナースプレミアムカードをApple Payに登録すると、QUICPayとして利用することになります。

ついに、ダイナースクラブのカードで、全国のQUICPay加盟店で決済が可能になりました。

ダイナースクラブ Apple Pay

ダイナースクラブ カードは端末登録情報が古いせいか、意外にサインを求められるケースがあります。特にそういった加盟店でQUICPayを使える場合には、ユーザーとしてのメリットが大きくなります。

Apple Payでダイナースクラブカード利用時のポイント還元

ダイナースクラブ カードでApple PayのQUICPayを利用した時は当然に、ポイントやマイル還元を享受できます。

通常のレギュラーカード(プロパーのダイナースクラブ カード)は1%還元となるので、1決済ごとに100円(税込)あたり1ポイントを得られます。

上位カードのダイナースクラブ プレミアムカードは、1.5%還元となっております。

注意点としては、Apple PayのSuicaへのオートチャージはポイント付与の対象外で、オートチャージもできません。このあたりについては、我慢するしかないですね。

コンパニオンカード・ビジネスアカウントカードもApple Payを利用可能

ダイナースクラブ コンパニオンカード

一部のダイナースクラブカードには、Mastercardブランドのサブカードが発行できるようになっています。

発行可能なサブカードは下記の通りとなっており、プロパーカードで発行できるようになっています。

  • ダイナースクラブカード:ダイナースクラブ コンパニオンカード
  • ダイナースクラブ プレミアムカード:ダイナースクラブ プレミアムコンパニオンカード

このサブカードのコンパニオンカードも本カードと同様にApple Payに登録する事が可能です。

ビジネスアカウントカード

ダイナースクラブ カードのビジネス経費の決済用カードである「ダイナースクラブ ビジネスアカウントカード」を発行することができます。

こちらのビジネスアカウントカードもApple Payに登録できるので、スマートなスマホ決済にて経費を支払うことが可能です。

ダイナースクラブカードのApple Payまとめ

ダイナースクラブ で他のクレジットカードで出遅れ感があった電子決済対応ですが、ようやくApple Payに対応しました。これで、QUICPay加盟店でダイナースクラブ を利用して決済する事が可能になりました。

Apple Payの利便性はすでに知るところなので、詳しくはご説明しませんが、iPhoneやApple Watchで簡単に決済できるので圧倒的な利便性があります。

全国各地のQUICPay加盟店での利用分はポイント・マイル還元の対象であり、ダイナースクラブ カードはは1.0%、プレミアムカードは1.5%還元を享受できます。

サブカードであるコンパニオンカード、ビジネス・アカウントカードもApple Payに登録できるので、様々な使い分けも可能になります。

電子決済対応が進んだ事で、魅力度がアップしたダイナースクラブ カードですが是非ともメインカードとしてガンガン使ってもらいたいクレジットカードとなりました。

タイトルとURLをコピーしました