イオンカードがMastercardコンタクトレスとJCBタッチ決済を導入開始

イオンカードタッチ決済 クレジットカード

数々あるイオンカードのうち、MastercardとJCBブランドのカードが非接触決済の導入が開始されました。

Mastercardコンタクトレス、JCBコンタクトレス(タッチ決済)という呼び名です。

これで、イオンカードにおいても、VISA、Mastercard、JCBのタッチ決済が利用できるようになり、さらに便利になりました。

徐々に導入が始まった日本国内のタッチ決済ですが、CMの効果もありVISAが先行しているイメージが強かったです。

クレジットカード決済においても、電子マネー決済と同様に端末にカードをかざすだけで支払いが完了し、サインレス、暗証番号も不要で、このコロナ禍のなか「もの」の受け渡しがなくなる点においてもメリットがあると思われます。

タッチ決済対応のカードは、下の図のように4本の電波が飛んでいるイメージのロゴがついています。

イオンカードタッチ決済

タッチ決済対応のイオンカード

イオンカードのうち、2020年10月より順次タッチ決済対応のカードを発行しているようです。

発行状況はイオンカードコールセンターに問い合わせて確認する事ができます。受付時間は年中無休の9:00~18:00となっています。

  • ナビダイヤル:0570-071-090
  • 有料TEL:043-296-6200

既存カードの会員も、タッチ決済対応のカードに切替えOKのようです。

現在、イオンカードでタッチ決済に対応しているのは次のカードです。

  • イオンSuicaカード
  • JQ SUGOCA
  • JMB JQ SUGOCA
  • イオンカード Kitaca
  • イオンSUGOCAカード
  • 緑の募金イオンカード
  • アビリティーズカード

イオンカードのその他、タッチ決済の概要については、公式FAQに掲載されております。

タッチ決済機能の概要を教えてください。 | よくあるご質問| 暮らしのマネーサイト
タッチ決済とは、店頭で専用の端末にクレジットカードをかざすだけで決済が完了するサービスです。 サインや暗証番号の入力が不要となり、スピーディーに決済できます。 ※一定条件でのお支払いは、カードの暗

Mastercardコンタクトレスについて

Mastercardのタッチ決済サービスは、「Mastercardコンタクトレス」という名称です。VISAと同じように、 Mastercardコンタクトレス対応のクレジットカードには、マークが記載されています。

Mastercardコンタクトレス

日本国内で使えるお店も着実に、増えて来ています。

  •  ローソン、マクドナルド、HUB
  • 表参道ヒルズ、京王百貨店、新丸ビル・丸ビル(一部除く)、六本木ヒルズ
  • TSUTAYA(一部除く)、文教堂(一部除く)、
  • メガネ Phiten、メガネストアー
  • 伊丹空港、Airport Limousine、関西国際空港、神戸空港、Japan Taxi
  • ペイメント ぐるなびPay、Uペイ

Mastercardコンタクトレスも、使い方は一般的な電子マネーと同じです。決済時に、 Mastercardでと伝えて、対応しているクレジットカードを端末にタッチすれば決済完了です。

Mastercardコンタクトレスは海外での対応店舗も、拡大しています。利用可能な国は80カ国、600万以上の加盟店で利用する事ができます。

VISAタッチ決済

例えばVISAタッチは世界基準のセキュリティ技術であるEMVの認証技術が用いられており、日本を含んだ71の国、地域で採用されています。

日本ではやっと広まり始めたクレジットカードのタッチ決済ですが、実は世界では標準的な決済方法として広まっています。

VISAタッチは国際標準規格なので、世界の各地で利用できます。クレジットカード決済でありながら、サイレンレス、暗証番号レスで、まるで日本の電子マネー決済と同じように決済ができます。

クレジットカードを店員に渡す必要もなく、カード番号を覚えられたり、スキミングのリスクも激減します。

VISAタッチが使えるお店

まずはVISAタッチの使える生活シーンを見てみましょう。

VISAタッチ決済が行えるお店には、下の図のようなマークが掲示されています。

VISAタッチが使えるお店

例えば、日本国内でVISAタッチ決済が使える加盟店は、以下の店舗となります。

  • ローソン、マクドナルド、TSUTAYA、HUB
  • イオングループに導入予定
  • ゼンショーグループの一部店舗(すき家・ココス・ビッグボーイ・ジョリーパスタ・華屋与兵衛・はま寿司など)
  • 関西国際空港、東京空港交通 Airport Limousine
  • イケアストア全店(IKEA Touchpoint 熊本を除く)
  • 阪急阪神第一ホテルグループ、ホテルヴィラフォンテーヌ
  • メガネストアー、京王百貨店、表参道ヒルズ、東急プラザ銀座、丸ビル、丸の内オアゾ
  • 伊藤園の飲料自動販売機(一部)
  • JapanTaxi(決済機付きタブレット搭載車両)
  • ぐるなびPay

その他の加盟店は、VISAタッチの公式サイトに掲載されています。

個人的にはHUBで導入されたのが、便利でした。何度も決済しにいきますから、その都度、クレジットカードを渡すのも面倒でしたから。

VISAタッチ決済で支払いは、いつもの通り「VISAで」と伝えるだけでOKです。端末がのリーダー部分のライトが光ったら、カードをタッチするだけです。楽天Edyやnanacoなどの電子マネーとまたったく同じです。

JCBタッチ決済(JCB Contactless)

JCBではJCBタッチ決済(JCB Contactless)という名称となっています。

現時点では、JCBブランドの一部のカードで利用出来ると言ったイメージになっています。日本国内唯一の国際ブランドなので、日本国内で利用できる加盟店は着実に増加しています。

意外なことに、JCBオリジナルシリーズ(いわゆる、プロパーカード)には、JCBタッチ決済の機能が搭載されたクレジットカードは存在していません。

その代わりApple Payに登録すると、QUICPayとして利用できるようになります。

まとめ

ついにイオンカードに待望のタッチ決済が導入スタートとなりました。すでに一部カードから切替えが進んでいる模様です。

Visaタッチ決済は既に使える状態だったので、Mastercard、JCBが追加され結果、イオンカードで使える国際ブランド全てが対応という形になりました。

端末にかざすだけで決済が完了する利便性は、既にスマホ決済などで経験済みかとおもいます。さらに、クレジットカードならではの後払い式なので、事前チャージも不要で更に便利に使う事が出来るよになります。

 

【入会キャンペーン】イオンカードの新規入会で最大10,000円相当のときめきポイントがもらえる
年会費無料のクレジットカードとしてメインカードの実力が十分に備わった、イオンカードが新規入会キャンペンを開催しています。 期間は、2021年1月31日までの期間限定となります。 既にイオンカードを持っている方でも、これまで保有し...

コメント

タイトルとURLをコピーしました