Visa LINE Payクレジットカードの還元率が2%に変更されます。

LINEクレカの改悪 クレジットカード

Visa LINE Pay クレジットカードの還元率が減ります

 

こまった男性のイメージVisa LINE Pay クレジットカードの高還元率をフル活用されてきた方に残念なお知らせです。

2021年5月1日から2022年4月30日間のVisa LINE Payクレジットカードの還元率が、現在の3%から2%に改悪となりました。

まずは、結論から。

  • Visa LINE Payカードは改悪されても、主力級の還元率
  • 1年後にまた改悪される可能性は高い

Visa LINE Payクレジットカードとは

Visa LINE Pay クレジットカード(以降、LINEクレカ)は、2020年4月から発行が開始された、LINEと三井住友カードが提携して発行しているクレジットカードです。

ラインクレカの還元率のポイントの基本は

  • 基本還元率は1%になっている

還元率が3%という超高還元率のクレジットカードで、利用金額に対して3%のLINEポイントが獲得ができました。。LINEポイントはLINE Payのスマホ決済時に1ポイント=1円で利用できたり、LINEの様々なサービスで支払いに使うことが出来ます。

ただし、LINEクレカの基本還元率は1%となっていて、それ以上部分は、期間限定のキャンペーン扱いになっているという点は盲点になっておりました。

LINEクレカ発行当初から、「2021年5月以降の還元率は改めて案内する」というスタンスだったので、還元率の改悪はユーザーを獲得できた場合の既定路線だったのでしょう。

キャンペーンで上積みされていた2%部分が、半分の1%になり、基本還元率1%+キャンペーン1%=2%の還元となります。

最終的には、基本還元率1%となるという想定をしておいたほうがよさそうです。

ただ、それでも還元率2%というのは、高還元率カードとしての実力は十分なままです。

まとめ:Visa LINE Payクレカの改悪情報

LINEクレカの改悪情報のポイントは3つです。

  1. 基本還元率はもともと1%だった
  2. キャンペーンで上積みされた還元率は、来年もまた見直しがある
  3. 還元率が下がっても主力級の還元率

LINEクレカのサービス開始時に、「2021年5月以降の還元率は改めて案内」となっていたので、今回の還元率改定は既定路線として見ておくのがよいでしょう。

ポイント還元率が減ってしまうのは残念ですが、2021年5月から2022年4月30日までの間は還元率2%でLINEクレカを使うことができます。

この数字でも十分に主力級です。次回の改定時には基本還元1%になるかもしれないということだけは、ちょこっと頭の片隅に入れておいてもいいかもしれません。

代替カードは、とりあえずどんな支払いでも1.2%のリクルートカードなどがよいです。

リクルートカードの入会キャンペーンは毎週末の8,000ポイントが狙い目
年会費無料の中でリクルートカードの還元率は1.2%となっており、屈指の高還元率をクレジットカードです。 日々、ポイントをより多く貯める方法を探している僕も、当然、メインカードとしての実力は十分だと思っています。 実はリクルートカ...

 

タイトルとURLをコピーしました