Amazonで楽天カードの還元率が大幅悪化。別カードで決済した方がいいレベル。

楽天カードがまさかの改悪 楽天カード
ポイントのイメージ

Amazonー正確には、Amazon.co.jpでの買い物ーで楽天カード決済で買い物をした場合の還元率が、現在の1.0%から0.2%へと大幅に悪化します。開始は2023年1月5日からとなっています。

今回の還元率低下は、Mastercardブランドの楽天カードが対象です。その他の、Visa、JCB、American Expressブランドの楽天カードは変更なしです。

今回の改悪のポイントです。

Amazonの買い物を、Mastercardブランドの楽天カードで決済すると

  • 改悪前:100円(税込)あたり1ポイント(1.0%)
  • 改悪後:500円(税込)あたり1ポイント(0.2%)
  • 改悪は2023年1月5日(木)から。

楽天カードのポイント付与は決済毎ではなく、1か月の総額に対しての付与になります。毎回500円以上買う必要はないと思いますが、公式サイトの「楽天カード(Mastercard)ご利用時の一部ポイント進呈条件の変更について」のページにはそのあたりの記載はありませんでした。

Mastercardブランドの楽天カードのみ還元率が下がるというのは、通常ではあまり考えられないことですね。ひっとすると、Mastercardから楽天カードに入る手数料が低く設定されていて、なんらかの影響を及ぼしていると考えることができますね。

今回の場合はMastercardブランドの楽天カードで無理に還元率を維持する方法を探すより、他の還元率が高いカードを探した方が労力的にもベターだ思います。

例えば簡単な方法でいうと、Mastercardブランド以外で2枚目の楽てカードを発行するのも「あり」です。楽天カードは現在2枚目の楽天カード発行推しなので、キャンペーンも沢山開催されています。そのキャンペーンに乗っかりお得に2枚目のカードを発行することが出来るようになります。

その他の方法として、完全に楽天カード以外に切り替えてしまうのも一つの手です。年会費無料のカードでPayPayカードなどは、楽天カードよりも高い還元率になっています。

また、少し面倒になりますが楽天キャッシュをかませる、TOYOTA Walletをかませるなどしてもポイント二重取りが可能になり、まだまだ有効活用は可能です。

タイトルとURLをコピーしました