楽天カードにVISAタッチと、Mastercardコンタクトレスが登場!!

楽天カードにタッチ機能 クレジットカード

人気の高還元率クレジットカードの楽天カードが、VISA、 Mastercard非接触のコンタクトレス決済を導入となりました。

VISAタッチ、 Mastercardコンタクトレスという呼称ですが、JCBとアメックスブランドの楽天カードは未対応となっています。

どうせなら、一気に対応させてもいいと思うところで、少し残念ですがJCBとアメックスブランドの方は少し我慢しましょう。

電子マネーと同じように、クレジットカードを決済端末にかざすと支払いが完了します。サインや、暗証番号の入力も必要ありません。

そもそも、電子マネーの前にクレジットカードのタッチレスが普及していたら、複雑で多種多様な電子マネーの普及はなかったんじゃないの?と思えるぐらい便利です。

すごく便利になっているので、使える人は即使いましょう。原則としてサインや暗証番号の入力は不要で便利です。

VISAタッチ、Mastercardコンタクトレスに対応のクレジットカードは、電波を発しているようなマークがクレジットカードに刻印されてます。

楽天カードにタッチ機能

このマークがいない場合は、お手持ちのクレジットカードを切り替える必要があります。まだコンタクトレスの楽天カードを持っていので、アメックスの画像で代用しています。

それでは、楽天カードのコンタクトレス決済対応について詳しく解説してみまそう。

楽天カードで利用可能なタッチ決済

現在、申込可能なタッチ決済に対応した楽天カードは、Visaタッチ決済もしくはMastercardコンタクトレスとなります。

タッチ決済はいい事ずくめ

クレジットカードにタッチ決済が付く事で、僕たちの決済シーンは飛躍的に便利なものになります。

まず、タッチ決済だと、サインレス、暗証番号不要で高い利便性を確保しながら、同時に高セキュリティの決済が実現します。

VISAタッチ決済

例えばVISAタッチは世界基準のセキュリティ技術であるEMVの認証技術が用いられており、日本を含んだ71の国、地域で採用されています。

日本ではやっと広まり始めたクレジットカードのタッチ決済ですが、実は世界では標準的な決済方法として広まっています。

VISAタッチは国際標準規格なので、世界の各地で利用できます。クレジットカード決済でありながら、サイレンレス、暗証番号レスで、まるで日本の電子マネー決済と同じように決済ができます。

クレジットカードを店員に渡す必要もなく、カード番号を覚えられたり、スキミングのリスクも激減します。

VISAタッチが使えるお店

まずはVISAタッチの使える生活シーンを見てみましょう。

VISAタッチ決済が行えるお店には、下の図のようなマークが掲示されています。

VISAタッチが使えるお店

例えば、日本国内でVISAタッチ決済が使える加盟店は、以下の店舗となります。

  • ローソン、マクドナルド、TSUTAYA、HUB
  • イオングループに導入予定
  • ゼンショーグループの一部店舗(すき家・ココス・ビッグボーイ・ジョリーパスタ・華屋与兵衛・はま寿司など)
  • 関西国際空港、東京空港交通 Airport Limousine
  • イケアストア全店(IKEA Touchpoint 熊本を除く)
  • 阪急阪神第一ホテルグループ、ホテルヴィラフォンテーヌ
  • メガネストアー、京王百貨店、表参道ヒルズ、東急プラザ銀座、丸ビル、丸の内オアゾ
  • 伊藤園の飲料自動販売機(一部)
  • JapanTaxi(決済機付きタブレット搭載車両)
  • ぐるなびPay

その他の加盟店は、VISAタッチの公式サイトに掲載されています。

個人的にはHUBで導入されたのが、便利でした。何度も決済しにいきますから、その都度、クレジットカードを渡すのも面倒でしたから。

VISAタッチ決済で支払いは、いつもの通り「VISAで」と伝えるだけでOKです。端末がのリーダー部分のライトが光ったら、カードをタッチするだけです。楽天Edyやnanacoなどの電子マネーとまたったく同じです。

Mastercardコンタクトレス

次は、 Mastercardのタッチ決済について、みていきましょう。

Mastercardのタッチ決済サービスは、「Mastercardコンタクトレス」という名称です。VISAと同じように、 Mastercardコンタクトレス対応のクレジットカードには、マークが記載されています。

Mastercardコンタクトレス

日本国内で使えるお店も着実に、増えて来ています。

  •  ローソン、マクドナルド、HUB
  • 表参道ヒルズ、京王百貨店、新丸ビル・丸ビル(一部除く)、六本木ヒルズ
  • TSUTAYA(一部除く)、文教堂(一部除く)、
  • メガネ Phiten、メガネストアー
  • 伊丹空港、Airport Limousine、関西国際空港、神戸空港、Japan Taxi
  • ペイメント ぐるなびPay、Uペイ

Mastercardコンタクトレスも、使い方は一般的な電子マネーと同じです。決済時に、 Mastercardでと伝えて、対応しているクレジットカードを端末にタッチすれば決済完了です。

Mastercardコンタクトレスは海外での対応店舗も、拡大しています。利用可能な国は80カ国、600万以上の加盟店で利用する事ができます。

Mastercardコンタクトレスのクレジットカードを発行しているのは、オリコカード 、ジャックスカード、JALカード、住信SBIネット銀行、トマト銀行、そして楽天カードになります。

まだまだこれからという感じですが、発行カードが拡充されて選択肢が増えれば一気に広まると思います。

JCBとアメックスは非接触決済は楽天カードでは非対応

JCB Contactless

JCBには「JCBコンタクトレス」というタッチ決済がありますが、今回の変更では楽天カードには搭載されませんでした。

日本でJCB Contactlessが搭載されているのは、ジャックスカード J/Speedyのみです。

American Express Contactless

American Expressにもタッチ決済機能を持っていますが、JCB同様にタッチ機能は楽天カードには搭載されていません。

どうやらまだ、アメックスのプロパーカードにしか搭載は始まっていないようです。

American Express Contactlessのマーク

JCBコンタクトレス、アメックのコンタクトレスも普及は時間の問題でしょう。

参考記事:タッチ決済はとっても便利。American Express Contactlessが本格的導入されている

まとめ

楽天カードでVISA、 Mastercardブランドのクレジットカードに、非接触型の決済システムが導入されました。

決済端末にクレジットカードをタッチするだけで決済が完了する便利さは、電子マネーと全く同じ便利さがあります。

そして何より、クレジットカードを渡さなくて済むので、クレジットカードの不正利用やスキミングの対策として、セキュリティレベルが格段に向上します。

残念ながらJCBとアメックスは楽天カードへの対応は、今回、未対応となったようですが、すぐに全ての国際ブランドで使えるようになると思っています。

楽天カードは高還元率カードの1%以上の還元率を達成しているクレジットカードで、初めてのクレジットカード、メインカードとし十分に活用できるクレジットカードです。

この機会に、是非ともクレジットカードのタッチ決済の便利さを味わってみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました