EPARKとエポスカードが提携。EPARKエポスカードが新規発行キャンペーン開催中

EPARKエポスカード クレジットカード

人気施設の予約・順番受付サイトの「EPARK(イーパーク)」と、EPOSカードが提携して「EPARKエポスカード」が発行されています。

ベースの部分はエポスカードとなっていて、全国各地でお得な優待を受けられます。カード利用でEPARKポイントが貯まるのがこのカードの特徴です。

EPARKを利用して予約・順番待ちをしてエポスかんたん決済を行うと、ポイント3倍(1.5%還元)の特典があります。EPARKを愛用している方には方にとっては大きなメリットがあるカードです。

今回はこのEPARKエポスカードを見ていきましょう。

EPARKエポスカードの概要

EPARKエポスカードの概要です。

EPARKエポスカード券面

国際ブランド VISA
年会費(本会員) 無料
ポイント有効期限 加算日より2年間
ポイント還元 0.5%
搭載できる電子マネー Eday、ID、QUICPay、Apple Pay、モバイルSuica、d払い、auPAYなど
優待等 マルイで年4回10%OFF、全国10,000店舗以上での優待 など

ベースがエポスカードになるので、エポスカードと同じですね。

お得な特典が満載なのですが、家族カードが作れないというのが残念です。専業主婦の方でも、配偶者に収入があれば入会はできるので心配は不要です。

他にエポスカードを持っている場合は。EPARKエポスカードの発行ができないので注意してください。

EPARKはご存じの通り、順番待ち受付・時間指定予約サービスを運営しています。

飲食店だけではなく、携帯ショップ、歯科、医院、薬局、リラク・エステ、理美容、旅行代理店などの店舗で導入がされています。

私の場合は、今通っている歯科を探すのにつかったり、あとはくら寿司なんかの順番待ちにつかっています。

EPARK会員IDとエポスカードのIDを連携させると、EPARKサービス内のエポスかんたん決済でポイント3倍となりますし、エポスカードがベースになっているのでエポスカードの優待もきっちり使える点が嬉しいですね。

関連記事:審査に通りやすいエポスカードは、新生活も万全の優秀クレジットカード

また、エポスカードは数少ない電子マネーのチャージにも強いクレジットカードです。楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAへのチャージが、ポイント還元の対象になっています。

まとめ

人気施設の予約・順番受付サイトの「EPARK(イーパーク)」と、EPOSカードが提携して「EPARKエポスカード」が発行されています。

EPARKをがっつり使っている方には魅力的な、カードになっています。

ベースはEPOSカードなので、EPOSカードの優待もきっちり使えます。

EPARKは飲食店だけでなく、携帯ショップ、歯科、医院、薬局、リラク・エステ、理美容、旅行代理店などの店舗で利用が広まっています。

すでにお店でただただ順番待ちをするのは嫌だという方には、とっても良いサービスですね。時間を指定して、その時間に行くだけですから。

私もとくに「くら寿司」では重宝して使っています。すごく便利ですね。そんなEPARKをもっとお得に使うなら、EPARKエポスカードを使わない手はないですね。

現在、エポスカードのゴールドカードインビテーションにチャレンジしているので、リンクを張っておきます。是非ともご覧ください。

関連記事:審査に通りやすいエポスカードは、新生活も万全の優秀クレジットカード

関連記事:エポスゴールドカードのインビテーションにチャレンジ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました