「Suica」利用者がもっとも得するカードが確定!!初年度無料で、次年度もカード利用があれば無料で持てる

ビックカメラSuicaカード クレジットカード

通勤や通学、ちょっとした移動でよく使う「交通系の電子マネー」ですが、毎日よくつかうから、最大限にお得になる使い方ができれば嬉しくないですか。

今回はほぼ全国で使える「Suica」に焦点を当ててみてみます。お得に使えるのが、JR東日本エリアだけでないので、是非とも活用してもらいたいです。

今回は全国対応で使い勝手もよい「Suica」どうやって使えば、最大にメリットがでるのか見ていきたいと思います。

今やSuicaは全国対応の交通系電子マネー

交通系電子マネーはSuicaに始まり、「PASMO」や「ICOCA」、「TOICA」など全国で様々なものが利用されています。

そのほとんどが2013年3月から、相互利用が可能になっています。さらに、交通系電子マネーは単に乗り物に乗るだけではなく、決済手段として次第に浸透、今では自動販売機でも使えるほどです。

で、そんな中で使い勝手の良いのは、やはりJR東日本のSuicaですよね。

交通系電子マネーのなかで、「モバイルSuica」でスマホにも対応しています。さらに、オートチャージの設定や、モバイルSuicaはスマホからでもチャージできたりと、場所・時間関係なくチャージして使うことができます。

スマートICOCAも、クレジットカードからのチャージに対応していますが、駅の端末でチャージする必要があるのがネックです。

クレジットカードからチャージできると言うことは、そこにはポイント還元が絡んできます。JR東日本が発行していて「Suica」を搭載している「ビューカード」なら、チャージした金額の1.5%がポイント還元されます。

「ビューカード」でチャージした「Suica」を利用するだけで、1.5%を節約できるとなると使わない手はないですね。

2年目以降も年会費が実質無料で、還元率も高い

Suicaのメリットを最大限に活用するのであれば、どの「ビューカード」を利用するか、という点に注意が必要になります。

実は「ビューカード」はどれも「Suica」チャージ分の還元率は1.5%で共通していますが、年会費や「Suica」チャージ以外の利用分の還元率が異なっています。

この点を見落とすと、せっかっくのSuicaのメリットが半減してしまいます。

「ビューカード」の年会費や還元率、特徴を比較して、「Suica」の利用者がもっとも得する「ビューカード」はどれなのかを確認したいと思います。

「Suica」を搭載した主な「ビューカード」の基本スペックをまとめると以下のようになります。

Suica搭載の主要なビューカードの違い
カードの種類 年会費(税別) 基本還元率 Sicaチャージ 国際ブランド
初年度 2年目以降
ビュー・スイカ 477円 477円 0.5% 1.5% VISA
Master
JCB
ビューゴールドプラスカード 1万円 1万円 0.5% 1.5% JCB
JALカードSuica 無料 2,000円 0.5% 1.5% JCB
ビックカメラSuicaカード 無料 477円
年1回利用で次年度無料
1.0%~10% 1.5% VSA
JCB

どのカードもSuicaチャージに関しては1.5%の還元率で横並びですが、年会費や基本還元率が異なってきています。このなかでは「ビックカメラSuicaカード」のおコストパフォーマンスの高さが際立っていますね。

ビックカメラSuicaカードの概要
還元率 1.0%~10%
一般加盟店は1.0%、JR東日本の切符、定期券、Suicaチャージは1.5%、ビックカメラで10%
発行元 ビューカード
年会費(税別) 初年度無料
2年目以降477円(年1回の利用で次年度無料)
家族カード なし
ポイント付与対象の電子マネー Suica、モバイルSuica

ビックカメラSuicaカード」だけが2年目以降も条件次第で年会費が無料になります。

Suicaを利用してコツコツと還元を取ったとしても、年会費で吹き飛ぶという事はさけたいですよね。

年会費無料になる条件も「1年回に1回でも利用すれば次年度年会費が無料」と、その条件も簡単ですね。1回でもSuicaチャージをすればクリアになります。ただし、キャッシングは「利用」とカウントされないので注意してください。

「ビックカメラSuicaカード」は、「ビューカード」の中で、実質「年会費無料」にできるの貴重なクレジットカードと言うことになります。

さらに、還元率でも他の「ビューカード」から大きくリードしています。

他のビューカードは還元率0.5%なのに対し、「ビックカメラSuicaカード」の還元率は1.0%と、「ビックカメラSuicaカード」は他の「ビューカード」の2倍もお得になっています。

さらに、ビックカメラで「ビックカメラSuicaカード」のクレジット機能で買い物をすれば還元率は10%に昇天します。10%ってエグいですよね。

さらにポイント2重取りとしてビックカメラで「ビックカメラSuicaカード」の「Suica」機能で買い物をすると、10%に「Suica」チャージ分の1.5%も加算されます。

つまり、合計還元率は11.5%になります。

ビックカメラSuicaカードだけ、なぜここまで高還元率なのかというと、還元されるポイントに秘密があります。

他の「ビューカード」の場合は、JR東日本のJREポイントが0.5%で貯まります。(Suicaチャージの場合は1.5%です。)

ビックカメラSuicaカードは、JREポイント0.5%に加えて、ビックポイント0.5%が貯まる仕組みになっています。

ビックカメラ・コジマ・ソフマップ以外のお買い物でも、 実質1%相当のポイント還元!

「ビックポイント」はSuicaにチャージして使う事ができるので、使い身に困ることはないですね。

ビックポイントをSuicaにチャージする場合は、1,500ポイントでSuica1,000円分の交換レートになっています。還元率は0.8%になります。

ビックポイントはSuicaにチャージできる

それでも、他のビューカードよりも還元率は高いので、Suica利用前提であれば、ビックカメラSuicaカード一択で損はしないと思います。

ビックカメラSuicaカードは、「Suica」を使い倒すべし

ビューカードの中で「ビックカメラSuicaカード」がお得なのはお伝えした通りですが、最大限にメリットを出すには「Suica」が使える店舗では、「クレジット機能」でなく「Suica」を使うことにあります。

単純にクレジット利用で1.0%還元ですが、Suicaチャージをすると1.5%になるからです。

ほぼ、Suicaは使えるので困ることは無いと思います。

まとめ

私は今、JR西エリアに住んでおり、基本的にはスマートICOCAを使っています。

スマートICOCAもクレジットカードチャージが出来てポイントが貯まるのですが、オートチャージの設定もなく、駅の端末でやらないといけないのがとても手間です。

ですのでスマホにはモバイルSuicaを入れて、面倒なときはモバイルSuicaを使ったりしています。

ビックカメラSuicaカードを使えば、実質年会費は無料で使えますし、還元率も1.0~1.5%で使えるので非常に優れています。是非とも交通系電子マネーを使う際にはおすすめしたい1枚です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました