「ビックカメラSuicaカード」はSuicaチャージ「のみ」が最もお得!!

ビックカメラSuicaカード クレジットカード

Suicaにチャージ限定、最もお得なクレジットカードはビックカメラSuicaカード

交通系非接触IC

僕がポイントを貯める為にSuicaを使う場合、お得でおすすめと考えているのはVIEWカードの中ではビックカメラSuicaカードです。VIEWカードは提携カードを除くと10種類存在します。その中でビックカメラSuicaカードがもっともコストパフォーマンス良くポイントが貯まります。

ただし、「使い方はSuicaチャージ用に限定」することをおすすめします。

【この記事をぜひ読んでもらいたい方】

  • Suicaをこれからメインで使う方
  • Suicaチャージ用のカードを探している方
  • モバイルSuicaのチャージ用カードを探している方

僕は関西圏の在住ですので、本来はスマートICOCAかPiTaPaという選択肢になりますが、ポイントが貯めやすいのはやはりSuicaになります。

ビックカメラSuicaカードについて

ビックカメラSuicaカードは、Suicaとクレジットカードが一体となったカードです。先ずは、ビックカメラSuicaカードの基本スペックは下の表の通りです。

ビックカメラSuicaカードの概要
還元率 1.0%~10%
一般加盟店は1.0%、JR東日本の切符、定期券、Suicaチャージは1.5%、ビックカメラで11.5%
発行元 ビューカード
年会費(税別) 初年度無料
2年目以降477円(年1回の利用で次年度無料)
家族カード なし
ETCカード あり(年会費 524円(税込))
ポイント付与対象
電子マネー
Suica、モバイルSuica

一般加盟店で還元率は1.0%、Suicaチャージが1.5%還元です。
他のVEIWカードの基本還元率は0.5%、Suicaチャージが1.5%還元となっています。Suicaチャージだけに限定すれば、他のどのVIEWカードでも還元率は同じです。

ビックカメラSuicaカードは、年会費・基本還元率の部分でメリットが出ます。

ビックカメラSuicaカードの年会費は、初年度無料・2年目以降も前年に1回カード利用があれば無料ですです。もちろんSuicaチャージも利用に含まれるので、年1回チャージすればずっと無料で使い続ける事ができます。

他のVIEWカードは、2年目以降の年会費を無料にする手段がありません。

ビックカメラでの買い物は最大11.5%還元

ビックカメラSuicaカードのSuicaにクレジットカードでチャージして、ビックカメラでの支払いにそのSuicaを使うと、11.5%のポイント還元が受けられます。

【ポントの内訳】

  • JREポイント:Suicaでチャージで1.5%
  • ビックポイント:現金支払いと同率10%

合わせて11.5%還元となります。

「高還元率で、何でもかんでもビックカメラでお得!」となればいいのですが、この還元が受けられるのは、1日2万円までになります。

なぜなら、Suicaへのチャージ金額は2万円までです。Suica内のチャージ金額の限界が2万円までなので、2万円の範疇でこの高還元率を実現できると考えてください。

一般加盟店でのクレジット利用は損

僕はビックカメラSuicaカードを、「通常のクレジットカードとして利用しない事」をおすすめしています。

なぜなら、通常クレジットカードとして利用した場合、ポイント還元の条件が利用者には不利な設定になっているからです。

ビックカメラSuicaカードをクレジットカードとして、スーパー・コンビニなど一般加盟店で支払いをおこなった場合の還元率は1.0%-JREポイント0.5%・ビックポイント0.5%の合計1.0%還元-です。

ここで注目すべきなのは、「支払い額1,000(税込)につき、JREポイント5ポイント・ビックポイント5ポイント」となっている点です。

ぱっと見た目は確かに1.0%還元なのです。しかしながら、1,000(税込)単位なのが非常に利用者にとっては不利です。一般的なクレジットカードは100円単位です。100円単位で計算されるクレジットカードと比較すると、1,000円未満が全て切り捨てになり利用者には厳しい条件となっています。

さらに、ビックポイントをSuicaに交換して利用する場合も、とても不利なレートで交換となるのでおすすめできません。

ビックポイントの交換レートは、次のようになっています。

  • 1,500ビックポイント:Suicaに1,000円分にチャージ

交換率としては0.66%でのチャージになります。

先ほどクレジットカード利用で獲得できるビックポイントは、0.5%の還元だとご紹介しました。これを、Suicaチャージに利用すると、0.66%で交換されるので、実質は0.33%の還元率です。

ビックカメラSuicaカードをクレジットカードとして利用して、そのポイントをSuicaチャージに使った場合の還元率は

  • 0.5%(JRE POINTで付与)+0.33%(Suicaへ交換の実質)=0.83%

となり、1%還元の他の年会費無料クレジットカードを使っている方が得という結果になります。

ビックカメラSuicaカードは、「Suica」を使い倒すべし

JRE POINT 加盟店で買い物支払い時に、ビックカメラSuicaカード-JRE PONT カード機能が搭載されたビューカード-を提示すると、100円(税抜)につき、1ポイントのJRE POINTが貯まります。

条件は下の図の掲示のある加盟店で、ビックカメラSuicaカードを提示するだけです。

JRE POINT加盟店マーク

前述のとおり、ビックカメラSuicaカードのクレジットカード支払いはお得ではありません。JRE POINT 加盟店での支払いは、電子マネーSuicaを使うようにしましょう。

ビックカメラSuicaカードでチャージしたSuicaで支払いをすると、

1.5%(Suicaチャージ)+1%(JRE POINTカード提示)=2.5%

驚異の還元率となります。

ビックカメラSuicaカードのまとめ

僕は関西圏在住ですが、モバイルSuicaを多用しています。なぜなら、使えるお店で不自由なく・いつでもどこでもスマホでチャージ・ポイントが簡単に貯まる、からです。

さらに、今回ご紹介したビックカメラSuicaカードをSuicaチャージ用として活用すれば、1.5%の超高還元率カードして活用できます。そして、貯まったポイントは1ポイント単位でSuicaにチャージ出来るので、お得でしかありまん。

今まで他のVIEWカードを使っていた・モバイルSuicaのチャージを別のカードで行っていたと言う方は、是非、今回のタイミングでお手持ちのクレジットカードを見直してみてはいかがでしょうか。

コメント

  1. […] JR東はSuicaとViewカードの組み合わせで、Suciaチャージでポイントが貯まってうらやましいと思っていましたが、いやいや東急も十分同じようなサービスがあります。 […]

タイトルとURLをコピーしました