リクルートカードは年会費無料、高還元率という最強の1枚

お得な生活をする女性 クレジットカード

リクルートカードは年会費無料で高還元率で、最強の1枚を徹底解説

年会費無料でポイント還元重視のクレジットカードを探している方には、絶対に外せない1枚リクルートカードです。

電子マネーのチャージでポイントを貯められないと諦めていませんか?リクルートカードは、ちゃんと電子マネーのチャージでポイントが貯まりますよ。

【この記事をぜひ読んで欲しい方】

  • リクルートカードの発行を迷っている方
  • 電子マネー(モバイルSuica、SmartICOCA、楽天Edy)のユーザー
  • 電子マネーへのチャージでもポイントを貯めたい方
  • 年会費無料で高還元率のクレジットカードが欲しい方

リクルートカードは入会キャンペーンで、最大6,000円相当のポイントプレゼントを常時開催しています。

※下が常時表示さているキャンペーン

recruitcard

このキャンペーンは「週末限定」で最大8,000円相当ポイントプレゼントに切替わります。

明確にいつ提示されるというのは案内されていませんが、実質毎週開催されています。入会キャンペーン「8,000円」という表示があれば、チャンスです。

※下が週末限定の8,000円のチャンスタイミング

リクルートカード入会キャンペーン

 

今回はそんなリクルートカードについて、見ていきたいと思います。

リクルートカードのお得なポイント

では、早速ですがリクルートカードの基本スペックについて、見てみましょう。

リクルートカードの基本スペック

リクルートカードの概要
還元率 1.2%
発行元 三菱UFJニコス、JCB
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ETCカード あり(年会費無料)
VISA、Mastercardは新規発行手数料1,000円(税別)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
ICOCA(VISA、Mastercard)
楽天Edy(VISA,Mastercard)

リクルートカードの国際ブランドは、VISA、Mastercard、JCBになります。国際ブランドによって発行元のクレジットカード会社ことなります。

少しサービスが異なる点があるので、国際ブランドによってサービスが異なるという点を押させておくようにしましょう。

発行会社 国際ブランド
三菱UFJニコス VISA、Mastercard
JCB JCB

年会費無料で1.2%の高還元率

リクルートカードの最大のメリットは、年会費無料で還元率が1.2%というポイントです。

これはとても高い還元率です。

たいていのクレジットカードの還元率は、0.5%~1.0%となっています。

過去 「REXカード」の還元率1.25%というのがありましたが、新規会員募集が停止されています。現在、年会費無料で1.2%が最高の水準となっています。

また、リクルートカードのポイント加算は、「毎月の利用合計の1.2%」です。

クレジットカードによってポイント付与の基準が「毎月の利用額合計」か「会計ごと」に分かれます。

例えば 100円=1ポイント獲得のカードを1か月下のように利用した場合

  • 【会計ごとのポイント加算】
    100=1ポイント、99円=0ポイント、101円=1ポイント の合計2ポイント
  • 【毎月の利用合計にポイント加算】
    利用合計 300円=3ポイント

同じ300円の利用でも、ポイントの差が出てきます。

リクルートカードは還元率高いだけでなく、ポイントが貯まりやすい仕組みになっています。

電子マネーチャージでポイントが貯まる

リクルートカードは、電子マネーへのチャージでもポイントが1.2%きっちり貯まります。

通常利用でも、電子マネーチャージでも還元率1.2%のままというのは驚異的です。

リクルートカードは、国際ブランドによってポイント加算の対象となる電子マネーチャージが異なります。

  • 【JCBブランド】
    モバイルSuica
  • 【VISA、Mastercardブランド】
    モバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edy

「nanaco」チャージについては、2020年3月11日をもって、セブンカード・プラス以外からのクレジットカードチャージの新規登録が終了しています。

2020年3月11日までにリクルートカードで登録済みの方はラッキーです。nanacoを使い続ける限りは登録解除してはいけません。

電子マネーチャージの月間上限額は3万円

リクルートカードは電子マネーへのチャージ額が合計で月3万円までが、ポイント付与の対象となっています。

1か月間のサイクルは毎月16日から翌月15日までが、1か月間の集計期間内です。

集計期間内に売上データが届いた分が「3万円上限」の対象となるので、締切日のギリギリのチャージはデータ遅れの可能性があり、翌月に入る可能性があります。

きっちりメリットを使い切りたいという方は、ギリギリのチャージは避けたほうが無難です。

上限3万円は「家族カード」のチャージ分も含まれます。家族カードを発行する予定がある方は合計金額の計算には注意です。

月間上限額3万円の回避方法

過去、リクルートカードでは電子マネーへのチャージで、無制限にポイントを貯めることができる時期がありました。

3万円以上のチャージを行っている、もしくは行いたいという方には非常に不便な改定でした。この上限の回避方法として、リクルートカードを2枚も持つという方法があります。

VISA、Mastercardブランドは、三菱UFJニコスが発行しているので2枚持ちは不可です。よって組み合わせは

  • VISA+JCB
  • Mastercard+JCB

となります。

ちょっと強引な方法ではありますが、6万円のチャージまで1.2%でポイントを貯めることが可能です。

リクルートサービスを利用するとさらに特典

リクルートカードはリクルート運営のサービスを利用すると、追加の加算でポイントが貯まるようになっています。

【ポイント加算対象サービス】

  • じゃらんnet:+2%
    (Pontaポイント1%+じゃらん限定ポイント1%)
  • じゃらんゴルフ:+1%
    (1人あたり100ポイントが上限)
  • ホットペッパー グルメ:ネット予約1名につき50ポイント
    (1予約あたり最大150名分)
  • HOT PEPPER Beauty:+2%
  • HOT PEPPER Beauty 美容クリニック:カウンセリング1回200ポイント、施術は+1%
  • ポンパレモール:+3%
  • Oisix × Pontaポイント:+1%
  • 人間ドックのここカラダ:+1%
  • Airウォレット:+2%
  • リクルートかんたん支払い:+1%
    (サービスによる異なる)
  • ゼクシィ内祝い:+1%

リクルート系のサービスで追加でポイントが加算されます。ただし、電話での予約などでは加算対象外となるケースもあるので、リクルートIDでログインしてからサービスの利用をおすすめします。

リクルートカードで貯まるポイントの利用方法

リクルートカードの利用で貯まるポイントは「リクルートポイント」が貯まります。

リクルート系サービスで利用する

じゃらん、ホットペッパーグルメ、ポンパレモール、ホットペッパービューティーなどのリクルートサービスで利用できます。

Pontaポイントへで利用

リクルート系サービスでは使い勝手が悪い、という場合はPontaポイントへ交換しましょう。

リクルートポイントはPontaポイントと相互交換可能です。さらにサービスが良くなり、1ポイント単位で細かく交換することが出来るようになりました。

リクルートポイントからPontaポイントへの交換はPonta Webから交換申込することが可能です。

Ponta Webにログインしたら、メニューの「使う」→「ポイント交換」です。

ポンタWEBトップ画面

交換先を選ぶ画面の最上位に、リクルートポイントからPontaポイントへの交換ができるようになっています。

リクルートポイント交換

1ポイント単位ですべてPontaポイントへ交換完了できるので、とっても簡単です。

Pontaポイント交換できれば、使い道は非常に多いですね。

Pontaポイントを使えるサービス、お店として代表的なところでも、ローソン、昭和シェル石油、ケンタッキー・フライド・チキン、GEO、ビックカメラ、ライフなどなど、1ポイント1円で利用できます。

リクルートサービスにこだわりなければ、Pontaポイントへの交換が良いですね。

リクルートカードで受けらえるその他の特典

最高200万円のショッピングサービス

リクルートカードは年会費無料ですが、ショッピング保険が付帯しています。

リクルートカードを使って購入した商品が購入日より90日以内に、破損、盗難、火災などの事故により損害が出た場合に、補償を受けることができます。

国内はもちろんですが、海外で購入した商品も対象です。どの国際ブランドを選択しても200万円までが補償対象となります。

【VISA、Mastercardブランドの注意点】
MUFG保険の条件適用となり、日本国内の購入した商品は分割払い、リボ払いを指定した場合のみが対象になります。海外購入したものは、支払い方法問わず補償対象となります。

【JCBブランドの注意点】
支払い方法による制限はありませんが、1事故につき自己負担額3,000円が設定されています。

旅行保険が付帯している

リクルートカードには、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯しています。どちらも利用付帯となります。

VISA/ Mastercard JCB
海外旅行 最高2,000万円 最高2,000万円
国内旅行 最高1,000万円 最高1,000万円

※最新の保険内容については、出発時に公式サイトにてご確認ください。

利用付帯点には注意したいですよね。

クレジットカード付帯の旅行保険を手厚くしたい場合は、年会費無料で旅行保険が自動付帯する、エポスカードBooking.comカードがサブカードとしておすすめです。

リクルートカード入会は週末がねらい目

リクルートカードの「通常の」入会キャンペーンでは、6,000円相当のポイントですが、週末限定でポイントが上乗せされて8,000円相当のポイントになります。

毎週開催されるとは決まっていませんが、8,000ポイントの表示がされていれば、断然お得にリクルートカードを発行できます。

キャンペーンポイントは、期間限定ポイントで付与されるので、付与されたらさっさと使っちゃいましょう。

【キャンペーンポイントの内訳】

  • 新規入会特典:1,000ポイント
    条件:リクルートカードに新規入会
  • カード初回利用特典:3,000ポイント
    条件:カード発行から60日以内に初めてのカード利用
  • 携帯電話料金決済特典:3,000ポイント
    条件:カード発行日から60日以内に携帯電話料金の支払い
    対象:NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!モバイル

合計8,000ポイントになります。

この3つの特典のうち、携帯電話料金決済特典の適用には注意が必要です。

携帯電話料金の支払方法(リクルートカードに変更した)日ではなく、携帯電話料金のお支払い日が、対象カードを発行してから60日以内の必要があります。

リクルートカードをWEB申込みする際、申込フォームから自動振替の手続きをすると変更に時間がかかり、特典が対象外になることがあります。

カードが手元に届いてから、携帯会社の会員Webページから登録変更をする方が確実です。

この画面では、「申込まない」をチェックしましょう!!

携帯電話申込

リクルートカードの入会キャンペーンについては、こちらの記事を確認

リクルートカードの入会キャンペーンは毎週末の8,000ポイントが狙い目
年会費無料の中でリクルートカードの還元率は1.2%となっており、屈指の高還元率をクレジットカードです。 日々、ポイントをより多く貯める方法を探している僕も、当然、メインカードとしての実力は十分だと思っています。 実はリクルートカ...

まとめ

リクルートカードの詳細について、見てきました。非常にメリットがある1枚だとお伝えできたでしょうか。年会費無料、基本還元率1.2%、電子マネーチャージでもポイント付与の3点が他のクレジットカードと差別化できるポイントです。

貯まったリクルートポイントは、等価交換でPontaポイントへの交換が可能で使い道に困ることはありません。

電子マネーチャージでポイント付与対象外となるカードが増える中、リクルートカードの魅力が輝いています。

是非とも1枚もっておいて、損はないクレジットカードです。

タイトルとURLをコピーしました