三井住友カード ゴールド(NL)の2枚持ちという荒技

三井住友カードNLの2枚持ち クレジットカード
笑顔の女性のイメージ

三井住友カード ゴールド(NL)は、年会費無料で維持することができる稀有なゴールドカードです。

三井住友カードゴールド(NL)カードフェイス
三井住友カード ゴールド(NL)カードフェイス

ポイント還元率は最大で1.5%まで引き上げることができるこのゴールドカードは、実はVisa、MasterCardの2枚持ちが可能なクレジットカードです。

前回の記事でもご紹介した通りですが、三井住友カード ゴールド(NL)は年間100万円の利用があると、1万円相当のVポイントがボーナスポイントとして付与されます。

つまり、クレジットカードの年間利用額が年間200万円を超えている場合は、三井住友カード ゴールド(NL)を2枚持ちすることで、2万円相当のVポイントを獲得するチャンスがあるわけです。ちょっと強引な感じはしますが、規約違反でもなんでもなく、ポイントをきっちり獲得できるのであれば活用すべき「ポイ活」の技です。

三井住友カード ゴールド(NL)を2枚持ちするメリット

三井住友カード ゴールド(NL)の基本還元率は0.5%となっておりお世辞にも還元率は高いということはできません。

ただし前述の通り、年間利用額が100万円でボーナスポイントが1万円分付与さます。ピッタリ100万円の利用で還元率は1.5%まで昇華させることが可能になります。

三井住友カード ゴールド(NL)の還元率が最高となるのは、この1.5%のタイミングです。クレジットカードの決済額が200万円/年を超えている場合は、三井住友カード ゴールド(NL)を2枚持ちして、それぞれ100万円ずつ利用すると最大のメリットを享受することができるようになります。

さらに、三井住友カード ゴールド(NL)は、年間利用が100万円を超えると、以降、年会費が永年無料となるクレジットカードです。維持費を0(ゼロ)にして、継続利用できるゴールドカードとしてもメリットが大きいのではないでしょうか。

入会初年度の年会費無料キャンペーンが開催されているタイミングで入会すると、ずっと年会費が発生しないように維持することが可能です。

年会費無料で維持しながら、最高還元率を維持できるのが2枚持ちのメリットになります。

au PAY チャージはMasterCardのみ対応

キャッシュレス決済への逆風が強い中ー還元率の低下・チャージ時のポイント付与がなくなるなどー、au PAYはチャージポイントが貯まったり、他のキャッシュレスへチャージする際に間にかますことでポイントの二重取りができるなど、貴重な存在になりつつあります。

三井住友カードはau PAYへのチャージは「ポイント付与の対象」となっています。しかしながらau PAYへチャージできるのは、マスターカードブランドのみとなります。

ポイントの二重取りや税金の支払いなどでもポイントを獲得できるau PAYにチャージする手段としても三井住友カード ゴールド(NL)の2枚持ちはメリットがあります。

まとめ:三井住友カード ゴールド(NL)の2枚持ち

年会費無料で維持できるゴールドカードで、VISA、MasterCardの2枚持ちが可能な三井住友カード ゴールド(NL)。2枚持ちすることで多くのメリットがあります。

  • 年間100万円利用時のボーナスポイントを二重取りできる。
  • ボーナスポイントを二重取りすることで、最高還元1.5%を維持できる。
  • MasterCardブランドをつかってau PAYへチャージが可能。

ピッタリ100万円で止めることは難しいので、どちらも100万ちょっとで利用するのが最大メリットがあります。

タイトルとURLをコピーしました