エポスカードを全容解明、ゴールドカードが最もお得に使えるカード

エポスカードを最もお得に使う方法 エポスカード
喜ぶ女性のイメージ

エポスカードは丸井グループが発行するクレジットカードです。エポスカードは3種類-ノーマル・ゴールド・プラチナ-のランクが存在しています。

マルイの割引など、若い方に人気のクレジットカードです。

このブログでは、どの種類のエポスカードがお得なのか、見て生きていと思います。

まずは結論から。

  • 年間100万円ちょっと利用はゴールドカード
  • 年間〜500万円ぐらいを使う場合は、プラチナカード
  • ゴールド、プラチナも年間100万ぴったりが最高還元

100万円が基準になります。年間の利用金額が100万円を超えて利用する場合は「エポスゴールドカード」がお得です。

さらに「500万円ぐらいまで使うよ」という場合は、「エポスプラチナカード」がお得になります。 維持コストを考えると、多くの方は「エポスゴールド」になるのかな、という印象があります。

ノーマルのエポスカードの特徴は次の表になります。

エポスカードの特徴内容
還元率0.5%〜1.0%
マルイのクレジットカード利用で1.0%還元
VISA一般加盟店では0.5%還元
発行エポスカード
国際ブランドVISA
年会費(税込)無料
優待サービスモバイルSuica、楽天Edyがポイント付与対象
家族カードなし
エポスカードの概要

エポスカードの注意点は、通常の加盟店で利用すると還元率が0.5%とイマイチなところです。

この基本還元率の低さは、ノーマル・ゴールド・プラチナすべてに共通しています。エポスカードをお得に使うためには、イマイチな還元率を「どこまで高められるか」ということになります。

エポスカードは年会費を下げる事ができる

エポスゴールドカードは、年会費無料する

エポスゴールドカードの年会費は5,000円(税込)です。ただし、年間の利用額が1度でも50万円(税込)を超えると、それ以降は永年無料となります。

エポスゴールドカードを最もお得に利用する為の手順

ですから、エポスゴールドカードをハイパフォーマンスで維持するためには、「先ず年会費永年無料」にすることを考えましょう。

エポスゴールドカードを最大限にお得に使う手順は、次の1、2の順番になります。

  1. 年会費永年無料にする
    • 年間利用額を50万円(税込)以上利用する。
    • インビテーションでエポスゴールドカードに入会する。
  2. 年間利用額を100万円以上(可能ならば100万ぴったり)

エポスカードの簡単な特徴が下の通りです。

エポスゴールドカードの特徴内容
還元率0.5%〜1.0%
マルイのクレジットカード利用で1.0%還元
VISA一般加盟店では0.5%還元
発行エポスカード
国際ブランドVISA
年会費(税込)5,000円
インビーテーションを受けっとった場合は、永年無料。年間50万円の利用で次年度以降の年会費を永年無料
優待サービスエポスポイントの有効期限が無期限になる。
選べるポイントアップショップにより、よく使う3つの加盟店の還元率が1.5%になる。
年間利用額に応じた、ボーナスポイント。
家族カードなし
エポスゴールドカードの概要

エポスゴールドカードは、通常の申し込みで発行する事が可能です。ノーマルのエポスカードをすっ飛ばして入会が可能です。その場合は、年会費が5,000円(税込)となります。

ただ、年会費が発生すると維持コストが発生するので、先に年会費無料にすることを目指します。

方法はとても簡単です。年間50万円以上のカード利用をすると、年会費が永年無料になります。もしくは、インビテーションを受け取って、ノーマルカードからゴールドカードにランクアップしても、年会費が永年無料となります。

エポスプラチナカードは年会費は2万円まで下げる

エポスプラチナカードの年会費は、通常で3万円(税込)です。エポスプラチナカードも、自分から申し込みが可能です。ゴールドカードと同じように、インビテーションを受けた場合は2万円(税込)で維持できます。もしくは、年間利用額が100万円を超えると、翌年以降の年会費がずっと2万円(税込)になります。

エポスプラチナカードの特徴内容
還元率0.5%〜1.0%
マルイのクレジットカード利用で1.0%還元
VISA一般加盟店では0.5%還元
発行エポスカード
国際ブランドVISA
年会費(税込)30,000円
インビテーション・年間利用額100万円超えで20,000円
優待サービスエポスポイントの有効期限が無期限になる。
誕生日月のポイントが2倍、プライオリティパス登録無料。24時間対応のVISAプラチナコンシェルジュの利用が可能。
選べるポイントアップショップにより、よく使う3つの加盟店の還元率が1.5%になる。年間利用額に応じた、ボーナスポイント。
家族カードなし
エポスプラチナカードの概要

プラチナカードとしては年会費は安く抑えられている方です。こちらも還元率0.5%となのがイマイチです。

次にご案内するボーナスポイントの仕組みを使って、実質的な年会費を無料にすることも可能です。プラチナカードを無料で利用できると考えると、ちょっとお得な気分になりますね。

還元率を上げるボーナスポイントを狙う

3種類あるエポスカード-ノーマル・ゴールド・プラチナ-で、ノーマルと、ゴールド以上を分けるのが、「ボーナスポイント」の存在です。

エポスカードの基本還元率は0.5%です。通常加盟店で利用すると、利用金額の0.5%がエポスポイントで還元されます。この通常還元とは別に、ゴールド・プラチナカードには利用額に応じてポイント還元する「ボーナスポイント」という仕組みがあります。

エポスゴールドカードの利用金額とボーナスポイントの関係は次の表の通りです。

年間利用額ボーナスポイント還元率
50万円以上2,500ポイント0.5%
100万円以上10,000ポイント1.0%
エポスゴールドカードのボーナスポイント

次にエポスプラチナカードのボーナスポイントと利用金額の関係です。

年間利用額ボーナスポイント還元率
100万円20,000ポイント2.0%
200万円30,000ポイント1.5%
300万円40,000ポイント1.3%
500万円50,000ポイント1.0%
700万円60,000ポイント0.85%
900万円70,000ポイント0.77%
1,100万円80,000ポイント 0.72%
1,300万円90,000ポイント 0.69%
1,500万円100,000ポイント0.66%
エポスプラチナカードのボーナスポイント

ボーナスポイントの付与の設定が、年間1,500万円まであるのは、さすがプラチナカードといった印象ですね。だだ、ここまで利用するのは超レアケースなので、ほとんど関係ないレベルですね。

このボーナスポイントが通常の還元率に加算されて、還元率が見た目UPします。

ボーナスポイントの獲得状況は、EPOS Net(会員用Web)にログインすると確認することができます。下はイメージ図です。

ボーナスポイント獲得状況
ボーナスポイント獲得状況

100万円利用時のボーナスポイントが最高還元率

ゴールド・プラチナも還元率だけで見ると、年間100万円利用時のボーナスポイントが最高還元率になります。

カード種別100万円利用時の
ボーナスポイント還元率
基本還元率合計還元率
エポスゴールド1.0%0.5%1.5%
エポスプラチナ2.0%0.5%2.5%
ボーナスポイントを加味した還元率

できるなら、年間の利用金額を「ぴったり100万円」で止めるのが、最もお得な還元になります。

年会費が発生するエポスプラチナカードは、「プラチナカードの特典を使うのか?」で判断するのが良いと思います。

まとめ:エポスカードは普通に使うなら「ゴールドカード」がお得になる

エポスカードには3種類のグレード-ノーマル・ゴールド・プラチナ-があります。その中で最も一般人がお得につかえるのは「ゴールドカード」になります。

ゴールドカードを最もお得に使える条件は次の通りです。

  • 年会費を永年無料にしていること
  • 年間100万円以上(できるかぎり100万円に近く)利用すること

この条件の時に、最大還元率となり一番お得です。

プラチナの方がボーナスポイントを利用した還元率は高くなり、より多くの金額まで還元が設定されていますが、年会費が2万円までしか下がらないのがネガティブです。

プラチナはVPCC(Visa プラチナ・コンシェルジュ・センター)を使えたり、プラチナカードとしての特典があります。その特典を使いたい場合はプラチナでもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました