freeeセゾンプラチナカードがスタートアップには頼もしいカード

freeeセゾンプラチナビジネスカード 法人用クレジットカード

オンライン会計ソフトのサービス「freee」がクレディセゾンカードと提携して、「freeeセゾンプラチナビジネスカード」というクレジットカードを発行しています。

freeeのユーザー情報や財務情報に基づいて、与信判断が行われるため、経営が順調な場合は自然と利用限度額も上がっていく仕組みとなっています。

さらに、freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレス・カード限定の優待も用意されています。

その他のカードスペックについては、「セゾンプラチナビジネスアメックス」と同一となっています。

関連記事:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスカードが大型キャンペーン実施中

今回は、この「freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレス」についてご紹介したいと思います。

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エクスプレスの概要

freeeセゾンプラチナビジネスアメックスの基本的なスペックは下のです。

本会員カードの年会費は20,000円(税抜)に設定されていて、プラチナカードとしては安い年会費の部類に入ります。

国際ブランド AMEX
年会費(本会員) 20,000円(税別)
ポイント有効期限 なし(永久不滅ポイント)
ポイント還元 1,000円につき1ポイント(1ポイント=5円相当)/海外2倍
マイル還元 1.125%
搭載できる電子マネー ID、QUICPay
優待等 プライオリティ・パス、旅行傷害保険、24時間365日対応のコールセンター

年間200万円以上のショッピング利用があった場合は、次年度年会費が半額の10,000円に優遇されるサービスもあります。

ただし、キャッシングや年会費は利用金額にカウントされないので注意してください。

ビジネスユースであれば、200万円の利用もそれほど難しくないと思いますので、実質は10,000円でプラチナカードが持てるというのはお得感がすごいですね。

追加カードについて

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスには、本会員カードとほぼ同じ機能とサービスを備えている追加カード」を4枚まで発行する事ができます。

年会費は3,000円(税別)/1枚で、家族の他に社員にも発行できます。

追加カードでのショッピング利用分も本会員カードの年会費優遇の年200万円のカウントの対象となるので、さらに年会費半額優待に近づきやすくなります。

利用明細には追加カード利用分は区別して表示されるので、経費使用状況を的確に把握できます。立替払いや経費精算業務が不要になるというメリットもあります。

ETCカードについて

ETCカードの発行手数料・年会費も無料です。

クレジットカード本体は無料でも、ETCカードは有料というカードが多い中で無料に設定されているのはナイスです。

ショッピング利用分と合算して請求されるので、ETCの利用分もポイントが貯まります。

freeeセゾンプラチナビジネスカードの独自特典

セゾンプラチナビジネスアメックスにはなく、freeeセゾンプラチナビジネスカードに備わっている独自特典が存在します。

オンライン会計ソフトサービスというだけあって、対象はビジネスよりのサービスです。

freee 「会計freee」2,000円ディスカウント
※freeeセゾンプラチナビジネスカードの申し込みと同時に会計freeeに新規で申し込んだ場合が対象
Wantedly 有料プランが初月無料
officee 不動産仲介手数料無料のオフィス検索サイト「officee」経由で成約した場合、一定台数のオフィス家具をプレゼント
Kagg.jp 国内主要メーカーの新品オフィス家具セットを特別価格で提供
キャスタービズ オンラインアシスタントサービス初月利用料10%off
※3カ月以上の継続利用が条件
コネクシオ ビジネス向けインターネット接続サービス「TRIBE-biz」を特別価格で提供
サーブコープ ・役員会議室を特別価格で利用可能
・バーチャルオフィスを一定期間特別価格で利用可能
※いずれもサーブコープ新規利用者、かつ日本国内の拠点が対象
※他の特典と併用不可
モノタロウ 事業者向け通販サイト「モノタロウ」の10%割引クーポンを提供
税理士 所定の税理士への相談1回無料
Adobe Creative Cloud 「Adobe Creative Cloudコンプリートプラン(個人版)」が初年度15%OFF(税別 10,224円/年 相当の値引き)

ビジネスのスタートアップ時にいろいろ準備するのが面倒なのですが、freee経由で必要なものを申し込めるので、とっても便利です。

まとめ

feeeセゾンプラチナビジネスカードは年会費が20,000円(税抜)と、プラチナカードとしてはかなりコスパのよい部類になります。

さらに年200万円以上利用すると年会費が半額となります。

他社ビジネスゴールドカードと同水準のコストで、特典が充実したプラチナカードを保有できます。

安かろう悪かろうではなく、セゾンプラチナビジネスアメックスと同様の優待が受けられたり、freeeセゾンプラチナビジネスアメックス独自の優待も用意されています。

スタートアップしたばかりビジネスオーナーにとっては、とてもありがたい1枚になります。freeeと同時申し込みが前提ですが、ビジネススタートを計画されている場合は、是非、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました