インビテーションが必要なクレジットカード特集。人とは違ったクレジットカードが欲しい方必見。

インビテーションが必要なゴールドカード クレジットカード

ちょっと人とは違った、特別なクレジットカードを持ってみたくありませんか?

クレジットカードの中には、普通に申し込んでも取得できないクレジットカードが存在します。いわゆる、インビテーション制のクレジットカードですね。

インビテーションが必要なクレジットカードは、直接申込みができるゴールド・プラチナカードよりも取得難易度が高くなっています。

クレジットカード会社が上級顧客とみなした会員に対して発行するクレジットカードになるので、特別な優待、サービスが用意されています。

クレジットカードヒストリー(クレヒス)を最低でも、1年以上積み上げる必要がありあ利、そのインビテーションを受けられる方は、選ばれた方だけという理解で間違いありません。

今回は、そんなインビテーションがなくては手にする事ができない、ゴールドカードをご紹介して行きます。

クレジットカードヒストリーとは

クレジットカードのインビテーションを受けるには、クレジットカードヒストリー(以下、クレヒス)を積む必要があります。

クレヒスとはその名の通り、クレジットカードの利用履歴です。

インビテーションを受ける為には、インビテーションを目指したいカードの、下位カードのクレヒスを積む必要があります。

例えば、ダイナースクラブ プレミアカードのインビテーションを受けたいなら、ノーマルのダイナースクラブ カードを保有して、利用した履歴を積み上げていく事になります。

たま、単に長期間クレジットカードを保有しているだけではなく、一定以上の決済履歴も必要になります。

つまり、クレジットカード会社から、「優良な顧客」と認識される必要があるという事です。

インビテーションを受ける為には、まずその下位カードを取得する事から始めなくてはなりません。

これからインビテーションが必要な上級カードをご紹介しますので、自分が手にしたいクレジットカードがどれかを見定めてもらえればと思います。

インビテーションが必要なゴールドカード、どのクレジットカードを目指すのか。

インビテーションが必要なクレジットカードは、通常の申し込みで取得する事が不可能です。先ずはクレヒスを積む事から始めましょう。

上級カードは、入手困難な為、特典や優待、サービスがとても充実しているクレジットカードとなっています。

ここからは、インビテーションが必要なゴールドカードと、目指す為に取得しないといけない下位のクレジットカードをご紹介して行きます。

JCBゴールド・ザ・プレミア

 JCBゴールド・ザ・プレミア

先ずは日本国内で唯一の国際ブランドに位置する、JCBカードのゴールドカードからご紹介します。

JCBゴールド・ザ・プレミアの概要
項目 内容
年会費 15,000円(税別)
家族カード 無料
ETCカード年会費 無料
国際ブランド JCB
取得に必要なカード JCBゴールド
還元率 0.5%

JCBゴールド・ザ・プレミアは、インビテーションが必要なゴールドカードの中では、取得難易度は「難しい」部類に入ります。

JCBゴールド・ザ・プレミアのインビテーションを受ける条件は、JCBから公式にアナウンスされています。

  • JCBゴールドを2年連続で100万円以上利用

明確に基準が提示されています。最低でも2年間のクレヒスが必要という事です。

JCBゴールドで2年間、毎年100万円の利用です。支払い関係など、ありとあらゆる支払いをJCBゴールドに寄せると達成は出来そうです。

何より、JCBゴールド・ザ・プレミアは、JCBカード最高峰のJCB・ザ・クラスへの登竜門です。JCB最高峰に登り詰める場合は、発行必須カードです。

また、JCBゴールド・ザ・プレミアの特典としては、世界1,000カ所以上のラウンジを無料で利用できるプライオリティパスを取得する事が出来ます。

関連記事:海外旅行ならばプライオリティ・パスを利用しよう

また、国内の厳選されたホテルを優待プランで利用できる「プレミア宿泊プラン」も付帯して利用できます。

エポスゴールドカード

EPOSゴールドカード

次にマルイを運営するマルイグループが発行する、エポスカードのゴールドカードをご紹介します。

エポスゴールドカードの概要
項目 内容
年会費 5,000円(税込)
家族カード/td> 発行なし
ETCカード年会費 無料
国際ブランド VISA
取得に必要なカード エポスカード
還元率 0.5%

エポスゴールドカードは、インビテーションの難易度としては低めです。

条件として明示はされていないものの、ゴールドカードの年会費を無料にする条件が50万円の利用となっている事から推測すると

  • エポスカードの年間50万円以上の利用

となっていると思われます。

実はエポスゴールドカードは、申込みでも取得可能なカードとなっています。

しかし、インビテーションを受ける、若しくはゴールドカードを発行して年間50万円以上利用すると、年会費が永年無料となります。

ここは是非、インビテーションを目指したい所です。

実のところ、僕もエポスゴールドカードのインビテーションを目指しており、エポスカードを発行しています。

関連記事:エポスゴールドカードのインビテーションにチャレンジ!

インビテーションの受ける為のクレヒスを、実況して行きますので興味がある方は是非ご覧ください。

エポスカード、エポスゴールドカードの保有する特典として、海外旅行保険の傷害・疾病保険が最高で300万円と、年会費無料のカードとしてはハイスペックな保険が付属している点です。海外旅行用のカードとして非常に優秀ですので是非発行をお勧めします。



セブン・プラス・ゴールド

セブンカードプラスゴールド

セブン&アイグループ店舗利用者には、必須のゴールドカードをご紹介します。

セブン・プラス・ゴールドカードの概要
項目 内容
年会費 無料
家族カード 無料
ETCカード年会費 無料
国際ブランド VISA、JCB
取得に必要なカード セブンカード・プラス
還元率 0.5%

セブンカード・プラスのクレヒスを積んで、インビテーションを受けるカードとして用意されています。

ゴールドカードでありながら、年会費無料で発行可能なクレジットカードとなっています。

セブンカード・プラス・ゴールドのインビテーションには、次の条件が設定されています。

  • セブンカード・プラスの年間100万円以上の利用
  • セブン&アイグループの店舗で月間5万円以上、年間60万円以上のカード利用

セブンイレブンやイトーヨーカードーでよく買い物をする方は、それほどハードルは高くないと思いますが、逆のパターンだと達成は難しいと思います。

ゴールドカードを年会費無料で持てるという意外に、クレジットカードの基本スペックに大きな差はありません。

身近なライフスタイルに合わせて、インビテーションを狙うのがいいかと思います。

イオンゴールドカード

イオンゴールドカード

イオングループが発行するイオンゴールドカードについて紹介します。

イオンゴールドカードの概要
項目 内容
年会費 無料
家族カード 無料
ETCカード年会費 無料
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
取得に必要なカード イオンカード
イオンカードセレクト
還元率 0.5%

イオンや、マックスバリューなど、イオングループの店舗をよく利用するなら、超絶お得なカードになります。

イオンゴールドカードは、ゴールドカードのインビテーションとしては取得の難易度は低く、イオングループの利用頻度に応じて、チャレンジしても面白いゴールドカードとなっています。

インビテーションの条件として

  • 直近カードショッピング100万円以上の方に発行

と公式にサイトに基準が明示されています。

イオンゴールドカードは年会費無料でありながら、イオンラウンジの利用など、イオングループでの特典に特化した優待があります。

イオンゴールドカードに関しては、別記事で詳細にご紹介していますのでご参考までに確認いただければと思います。

関連記事:イオンゴールドカードのメリット・デメリットのまとめ。2020年版まとめ

まとめ

インビテーションが必要な「ゴールドカード」について、ご紹介させて頂きました。

ハードルが高い、低いはありますがゴールドカードは、クレヒスの積み重ねにより発行できるカードとなっています。

実際のところ、ゴールドカードは一般的に認知されたの為、直接ゴールドカードを発行できるクレジットカードも多数存在します。単に、ちょっと年会費を払って、ちょとだけ還元がいいゴールドカードというのが多いです。しかしながら、インビーテションが必要なゴールドカードは明らかな違いがあります。

誰もが簡単に入手できないからこそ、その価値があります。

インビテーションを受けるという事は、あなたがそのカードを持つに相応しいとカード会社から認められたと言うことです。

また、JCBゴールド・ザ・プレミアのようにその後に続く最上級カードの登竜門となっているケースもあります。

ゴールドカードクラスのクレジットカードになると、ライフスタイルによりよりお得に使えたり、普通のカードと変わらない還元しか受けられない場合が発生します。

自分に最もあったゴールドカードを見据えて、クレヒスの積み上げをスタートする事をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました