クレジットカードの与信は「いくら」が適正か?

クレジットカードの与信額は多い方が安心 クレジットカード
驚く女性のイメージ

まさにクレジットカードの「クレジット」という意味そのものです。クレジットカードには「利用限度額」が設定されています。大まかには「通常カード」で100万円まで、ゴールドカードで300万円まで、プラチナカードで300万円以上というのが相場です。

この利用限度額=与信額というのは、クレジットカード会社から見たときの「私個人の信用額」になります。クレジットカード会社が、「この金額」だったら支払いのトラブルにならないですよと判断して設定しているものになります。与信額というのは100万円もあれば、普段あまり気になりません。しかしながら、「大きな支出をクレジットカードで支払いたい」があるとき、非常にシビアに決済額を検討しなくてはなりません。

JCBカードでは枠不足でVISAカードで

今回、私はJCBザ・クラスのインビテーションを最終目的地として、JCBゴールドに入会しました。JCBのプロパーカードなので、入会直後の与信額は厳しくて利用限度額50万円に設定されています。

この「利用限度額」というのは、1ヶ月に50万円までクレジットカードで決済できるという意味ではなく、JCBが肩代わりして支払っている金額の総合計額が50万円ということになります。ですから、1ヶ月間の締めが終わっていても、「引き落とし口座から引き落としされるまで」は利用限度額は復活しません。イメージとして、与信額50万円となると1ヶ月間にクレジットカードで決済可能な額は、半分の25万円ぐらいという認識しておくのがよいでしょう。

何もない日常であれば25万円の決済ができれば何も問題はないのですが、インビテーション狙いでJCBカードに決済を集中させている事と、引越しに関係する突発的な費用もJCBに集約させようとした為、まったく50万円では不足するという状態になりました。

どうしようもないので利用限度額を50万円から150万円までに一時的な増額をおこない、急場を凌いでいたのですが、それでも利用限度額が不足する事態になりました。

増額できるなら余裕を持った金額を

最終的に増額申請をした額=150万円という見積が甘く、結果的に、引越し+家財で300万円ぐらいまで増額していれば全てJCBで決済できたのかな・・・というイメージです。結局、機動的に利用額の一時増額を調整できるVISAカードの決済額が一番大きいくなってしまいました。

JCBの一時増額のする場合の注意点

今回のJCBの一時増額で気づいた気をつけるべきポイントになります。

JCBでは利用可能額の一時増額を適用すると、期間と金額の枠が固定されます。増額期間中にさらに「使いたい」となった場合に柔軟に対応できないです。

  • 利用額の一時増額期間中は、追加で利用額の増額ができない
  • 一時増額の期間は2ヶ月間適用
  • 一時増額期間中に前倒し返済しても、利用可能額は増えない

一時増額の申請時に「いくらまで行けます」とは教えてくれないので、利用する可能性がある金額目一杯で申請するのがよいです。

VISAも同じような感じなのですが、一時増額期間を自分で設定できます。短い期間にも設定可能なので、一回で大きな金額の審査が通らない場合は、VISAで細かく利用額の増額を繰り返せばクレジットカードで支払いが可能になります。

このあたり会員ページからWebで申請できて直ぐに審査結果もわかるVISAの方が、使い勝手がよいな、と感じました。

ポイントは漏らさず獲得

今回のような大型の支出がある時期ー引越し・就職・進学ーは、クレジットカードで支払えるものがあれば、必ずクレジットカードで支払いましょう。少なくても現金で払うよりはポイント還元があります。金額が大きいので還元されるポイントも大きいです。

私はJCBのインビテーション狙いでJCBに集約しようとしましたが、利用金額の見積が甘くて、結局、思ったほど使えませんでした。狙ってなかったVISAカードの方が決済額が多くなってしまうという残念な結果に。もっとも利用可能額50万円だとどうにもならないので、入会後6ヶ月経過したら利用可能額の増額申請をしてみるつもりです。

タイトルとURLをコピーしました