「学生さん歓迎!!」エポスカードは年会費無料。しかも海外旅行傷害保険が「自動付帯」とおとく。

エポスカード クレジットカード

マルイグループが発行するクレジットカード「エポスカード」は、ショッピング等でクレジットカード決済をすると、「エポスポイント」が付与されます。

特にエポスカード自身が学生も歓迎と謳うだけあって、若者を中心に人気の特典もそろっています。

エポスカードと学生

現在、私も「エポスゴールドカード」のインビテーションを狙っている「エポスカード」について見ていきたいと思います。

関連記事:エポスゴールドカードのインビテーションにチャレンジ!

エポスカードの概要

ますはエポスカードの概要から見てみましょう。

エポスカードの概要
還元率 0.5%~10%
一般加盟点では0.5%
マルイでクレジットカード決済で1.0%
年4回「マルコとマルオの7日間」開催時は10%還元
発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費(税別) 無料
家族カード なし
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica、楽天Edy、au PAYプリペイドカード

「エポスカード」はマルイのグループ会社であるエポスカードの発行なので、マルイ関連の特典が多くなっております。また、ビックエコーやシダックスなどのカラオケ室料が30%オフなど、若者向けのサービスに特化しており、当然若者の保有者が多いと思います。

ところが実は、誰でも保有しているとメリットがあるお得なクレジットカードとなっています。

「エポスカード」の通常加盟店の還元率は0.5%

さて、「エポスカード」で注目したいのは還元率です。私がおすすめするクレジットカードは、基本還元率1.0%以上という基準でご紹介しています。現状、1.0%を超えていると高還元率カードかな、という判断をしています。

しかし、「エポスカード」の還元率は、通常還元率は0.5%でマルイ利用は1.0%です。

普通のVISAカードとして利用するには、少し寂しい還元率になっています。

しかし、「エポスカード」には、それを補って十分な特典が用意されてます。

エポスカードのメリットは電子マネーにあり

「エポスカード」の還元率以外のメリットは、「電子マネー」との相性が良い点です。

エポスカードでポイントが貯まる電子マネー

「エポスカード」は、「モバイルSuica」、「楽天Edy」の電子マネーや、「エポスVisaプリペイドカード」、「au PAYプリペイドカード」へのチャージでもポイントが貯まります。

特に、「モバイルSuica」、「楽天Edy」へのチャージでポイント付与されるクレジットカードは減少傾向なので、この点はアドバンテージがあります。

「エポスカード」の公式サイトでも、「楽天Edy」へのチャージでポイントが付与されることが大々的にアポールされているので、しばらくの間は改悪されることはないと予想しています。

エポスカードで楽天Edyチャージ

「エポスカード」で貯まるポイントは有効期限に注意。「エポスVISAプリペイドカード」にチャージして使えば無期限で利用可能

「エポスカード」のポイントについて、ご説明します。

もっとも注意すべき点は、「エポスカード」のポイントの有効期限が2年間という点です。

せっかく貯め込んだポイントが有効期間が過ぎてしまい失効するという、最悪のケースは回避しなければいけません。

エポスポイントは、「エポスVisaプリペイドカード」にチャージすることで有効期限が無期限になり、1ポイントから使うことができます。

さらにエポスカード会員は、発行手数料や年会費無料で「エポスVisaプリペイドカード」を発行することができます。

関連記事:エポスVISAプリペイドカードの徹底活用方法【2020年版】

「エポスカード」は年会費無料にもかかわらず、 海外旅行傷害保険が「自動付帯」なのでサブカードに最適!

エポスカードは海外旅行傷害保険が「自動付帯」となっており、この特典だけで発行しておいても良いぐらいです。

エポスカードの海外傷害保険

「エポスカード」は年会費無料のクレジットカードですが、海外旅行傷害保険が「自動付帯」になっています。この特典は非常に大きいです。

海外旅行傷害保険は、「傷害死亡・後遺障害」以外は複数のクレジットカードの補償金額を合算できるというのが特徴です。

しかし、多くのクレジットカードは「利用付帯」となっていて、ツアー代や航空運賃などの「旅費」をそのクレジットカードで決済しなければ補償してくれません。

ところが「自動付帯」のクレジットカードの場合は「(旅費を払わなくても)保有しているだけ」で補償の対象となります。

さらに、クレジットカードの補償金額が合算できる点を利用すると、「エポスカード」をサブカードとして保有しているだけで海外旅行時の補償金額を手厚くすることができるようになります。

特に海外での病気や怪我の治療費は、想像以上に高額になります。いざというときの貯めに持っているだけで安心感が違います。

まとめ

「エポスカード」の通常加盟店での還元は0.5%となっていて、一般の高還元率クレジットカード比較すると少し寂しいですね。

しかしながら、学生歓迎を全面的に打ち出したり、多くの若者向け特典により人気のクレジットカードです。

もちろん、モバイルSuicaチャージ、楽天Edyチャージでもポイント付与されるなど、だれにでもお得に使える特典もあります。

年会費無料カードでありながら、海外旅行傷害保険が自動付帯となっている点もみのがせません。

メインとして、サブとして十分な実力を持っているクレジットカードです。是非とも入会を検討されてはいかがでしょうか。

関連記事:エポスカードのポイントの貯め方最新ガイド【2020年版】エスポポイントをガンガン貯める方法

関連記事:EPARKとエポスカードが提携。EPARKエポスカードが新規発行キャンペーン開催中

タイトルとURLをコピーしました