VISAがApple Payに対応完了!!タッチ決済で更に便利に。

VISAがApple Payに完全対応しました。 会員特典
喜ぶ女性のイメージ

VisaブランドのカードをApple Payに登録して「Visaタッチ決済」として利用出来るようになりました。

Visaタッチ決済は、「タッチ決済」のジャンルで、非接触決済で注目されている決済方法です。

電子マネーのように決済端末にかざすだけで支払いが完了し、暗証番号の入力も基本的に不要です。

事前チャージも不要なので、クレジットカードと非接触決済の「良いところ」取りというのがポイントです。

Visaタッチ決済のポイント

  • 決済端末にかざすだけで決済が完了する
  • 事前チャージなしでクレジットカードと同じ感覚で使える
  • カードを店員に渡すなど、物理的な「もの」のやり取りが回避できる

世界的にはNFC Payという非接触IC決済で世界標準に準拠した高セキュリティという点もみのがせません。

Apple Payの対応状況(国際ブランド別)

Apple PayにはiD・QUICKPayでしはらう方法がありました。さらに、タッチ決済が追加されたという認識でよいでしょう。

クレジットカードの国際ブランド別の対応状況は、下の表の通りです。

iD・QUICKPayタッチ決済
VISA
Mastercard
JCB
AMEX
ダイナース×

クレジットカードがそのままタッチ決済として使えるのが、非常に便利です。

電子マネーと比較しても、事前チャージが必要ないというのが最大の利便性だと実感しています。

日常使いとしては、頻繁に利用するコンビニ大手3社が対応しているのでとても便利ですね。

利用される頻度が少なくて、クレジットカードのタッチ決済と店員さんが認識してくれない場合があります。

どんどん活用して、社会的な認知度があがると、本当に一瞬で支払い終わります。

即時発行対応の三井住友カードナンバーレスでも利用可能

VISAタッチ決済対応店舗で、Apple Payで支払いが可能でなりました。

これは、三井住友カード ナンバーレスでも利用可能です。今までは、即時発行カードはVISAブランドでネットショッピング、iD(Apple Pay・Google Pay)の支払いに対応でした。

さらにVISAのタッチ決済も利用できるようになりました。直ぐにVISA加盟店で利用したいと言う場合には便利ですね。ナンバーレスは即時発行対応です。

まとめ:VISAがApple Payに完全対応!!

世界シェアNo1のVISAを持っていれば、決済に困る事は有りませんでした。

ところが、Apple Payなど一部対応していないサービスがあるなど、デメリットが存在していました。

2021年5月11日より三井住友カードをはじめとした一部のVISA発行会社でApple Payに完全対応し、タッチ決済も同時に対応するなど、利便性が格段に向上するサービスUPが行われました。

今まで、VISAでApple Pay利用出来ずにお困りだった皆様。今なら最大で15%の還元キャンペーンも行われています。是非ともタッチ決済活用しましょう。

タイトルとURLをコピーしました