年会費無料のクレジットカードでApple Payを使いこなそう。ポイント還元もあって、使わなければもったいないです。

Apple Pay 電子マネー

Apple Payなどを使ったキャッシュレス支払いだと、本来得られたはずのポイントが減ってしまったり、そもそも使っているクレジットカードがApple Pay非対応とかいう悲しい事態もあったりします。

そういう私も、ようやくダイナースクラブカードがApple Payに対応したので喜んでいたのですが、まさかのポイント還元がApple Payを使うと1.5%→1.0%になるという事態が発覚してちょっとがっかりしました。

関連記事:ダイナースクラブ がApple Pay対応で使い勝手が抜群に向上【正式版】

今回は使ってみればとても簡単だけど、意外と複雑だったApple Payについて、お得に使えるクレジットカードを探していきたいと思います。

探す条件として「年会費無料」、「ポイント還元が高い」という条件を中心に探したいと思います。

Apple Payに対応している年会費無料でおすすめのクレジットカード

楽天カード

なんと言っても、楽天カードは外せない1枚ですね。楽天市場利用者だけでなく、普段使いからも主力級のクレジットカードになっています。

楽天カードの概要
還元率 1.0%~3.0%
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、Amex
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー 楽天Edy(還元率0.5%)
Apple Payの対応 QUICPayで登録可能

楽天カードは、通常還元率1.0%ですが、楽天市場や楽天ブックスなど楽天サービスの利用で還元率が3.0%以上に跳ね上がります。

楽天グループのサービスを活用すればするほど、還元率が上がる仕組みとなっており楽天ポイントを中心とした「楽天経済圏」が存在しています。

Orico Card THE Point

2番目は、オリコカードからOrico Card THE Pointのご紹介です。年会費無料でありながら高還元率をほこり、モールを経由することで「Amazon」での還元率を2.0%まであげることができるクレジットカードです。

Orico Card THE POINTの概要
還元率 1.0%~3.0%
発行元 オリコカード
国際ブランド Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica
ICOCA、iD、QUICPay
au WALLET(Masterのみ)
Apple Payの対応 QUICPayで登録可能

年会費無料カードでありながら、新規入会後6ヶ月間は2.0%の超高還元率を実現しています。それ以後も、「オリコモール」というモールを経由することで、還元率をUPさせることができます。

電子マネー系も、「iD」、「QUICPay」に対応するなど、使い勝手も最強クラスです。

dカード

NTTドコモのクレジットカードになりますが、他のキャリアでも十分に魅力的な1枚です。

dカードの概要
還元率 1.0%
発行元 NTTドコモ
国際ブランド Visa、Master
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の電子マネー iD
Apple Payの対応 iDで対応

テレビCMで有名なdカードですが、実はドコモユーザー以外も利用可能です。

通常還元率は1.0%となっていますが、ローソン利用分は請求時に3%オフになる特典付き。ポイント付与分と併せて4.0%以上の還元率に手が届きますので、ローソンユーザーは見逃せない1枚です。

dカードで貯まる「dポイント」は、Pontaへ交換可能ですのでポイントを電子マネーのように使うこともできちゃいます。

エポスカード

マルイのカードの「エポスカード」もランクインです。

エポスカードの概要
還元率 0.5%~1.0%
発行元 エポスカード
国際ブランド VISA
年会費 無料
家族カード なし
ポイント付与対象の電子マネー モバイルSuica
Apple Payの対応 QUICPayで登録可能

若者ターゲットのクレジットカードだけあって、カラオケやファミレス、居酒屋の優待が数多くついているクレジットカードです。

年会費無料でありながら、自動付帯の海外旅行保険はかなり手厚くついています。海外旅行用として持っていても損はないです。

また、モバイルSuicaへのチャージでポイントが貯まる数少ないカードです。

マルイのカードだけあって、マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7間で10%オフ」の特典もついています。

上位のエポスゴールドカードのインビテーションを受ければ、年会費無料でゴールドカードが持てるカードです。

関連記事:エポスゴールドカードのインビテーションにチャレンジ!

ビックカメラSuicaカード

Suicaを利用者がもっともお得になるカードが、ビックカメラSuicaカードです。

ビックカメラSuicaカードの概要
還元率 1.0%~10.0%
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税別) 初年度無料、2年目以降477円
(年1回の利用で次年度無料)
家族カード なし
ポイント付与対象の電子マネー Suica、モバイルSuica
Apple Payの対応 QUICPayで登録可能

初年度年会無料で、1年間に1度でも利用があれば次年度も年会費が無料になります。

通常還元率は1.0%ですが、Suica、モバイルSuicaのチャージ利用で1.5%まで還元率があがります。

Suica、モバイルSuicaは全国的に電子マネーとして利用できます。そのチャージでポイントをがっつり貯める事ができるクレジットカードは、このカード以外にないでしょう。

関連記事:JR東日本共通ポイントをためるなら、必携のJRE CARD

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)

ポイントが無期限で貯める事ができるアメックスカードですが、その中でハイパフォーマンスなのがSPGアメックスです。

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
(SPGアメックス・カード)の概要
還元率 最高で1.875%
(6万ポイントを一気にマイル交換した場合のボーナス含む)
発行会社 アメリカン・エクスプレス
国際ブランド AMEX
年会費(税別) 31,000円
家族カード(税別) あり(年会費15,500円)
ポイント付与対象の電子マネー なし
Apple Payの対応 QUICPayで登録可能

世界的ホテルグループの「スターウッドホテル&リゾート」とアメックスの提携カードです。年会費を支払って更新すると系列ホテルの無料宿泊券が毎年もらえる特典付きで、年会費の元が簡単にとれます。

年会費無料のカードを紹介していましたが、こんちらのカードは年会費以上のメリットがあると思いますので、あえて紹介させて頂きました。

世界中のホテルチェーンを楽しみたいという願望には、うってつけのクレジットカードです。

関連記事:今、密かな人気クレジットカード「SPGアメックスカード」の魅力を独自で紹介。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Apple Pay対応といっても、様々な特典をもったクレジットカードがあります。

少し年会費は発生するけれど、特典で完全に元が取れるカードも存在していますし、年会費完全無料がよいというケースもあると思います。

ご自身が重要視するポイントを押さえたカードを発行頂き、Apple Payを活用してキャッシュレスの便利さを味わって頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました